調査は、学童の間で早期に発生する近視を示しています

日本政府の調査によると、近視は幼い頃から起こり始めており、成人と同じレベルの6年生に影響を及ぼしています。

2021年度の文部省の調査では、約8,600人の小中学生が対象となった。

子供の全国調査は、近視の尺度として、角膜と網膜の間の眼球軸の長さを最初に調べたものです。

近視は、軸が長くなるとしばしば発生し、角膜に入る視覚情報が網膜に到達する前に焦点を合わせ、明るさ、色、形を検出します。

大人の平均軸長は約24ミリメートルです。 調査では、6年生の男子の平均は24.22ミリメートル、女子の平均は23.75ミリメートルでした。

中学3年生の生徒の数はさらに高く、男子は24.61ミリ、女子は24.18ミリでした。

調査はまた、小学校の1年生の約20パーセントが1.0未満の視力、または平均的な視力を持っていたことを示しています。 中学3年生の割合は約60%に増えた。


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

調査は、学童の間で早期に発生する近視を示しています
Source#調査は学童の間で早期に発生する近視を示しています

Leave a Comment