西日本の都市は46万人の住民のデータでメモリースティックを失います

兵庫県尼崎市では、46万人以上の住民の個人情報が入ったUSBデバイスを紛失しました。

市当局は木曜日に、会社員が火曜日にメモリースティックを紛失したことを明らかにした。 市は、コロナウイルスの大流行によって大きな打撃を受けた世帯に補助金を支払うという任務を遂行するように会社に依頼しました。

この装置には、市のすべての住民の名前、住所、生年月日、支払った地方税の額、福利厚生に関する情報が含まれていました。

伝えられるところによると、労働者は市の許可なしに情報をUSBに入れ、隣接する大阪府のコールセンターにデータを転送した。

その後、作業員はデータの削除に失敗し、飲酒中にメモリースティックが入ったバッグを置き忘れたとのことです。

損失は​​水曜日に警察と市に報告されました。

市当局によると、パスワードなしでは情報にアクセスできず、個人データの漏洩はこれまで確認されていません。

彼らは、個人情報を保護することの重要性についての意識を高めながら、セキュリティ管理を強化することを謝罪し、誓いました。

6月23日(Annnewsch)-兵庫県尼崎が、全市民でき46万人の家台帳の家が尽れしししががし、できできしましました。兵庫できます。…続きを読む


ポリシーページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

西日本の都市は46万人の住民のデータでメモリースティックを失います
Source#西日本の都市は46万人の住民のデータでメモリースティックを失います

Leave a Comment