裁判所は東京電力に福島の危機に対して7350万円を支払うよう命じた

日本の裁判所は木曜日に、不自由な福島第一原子力発電所の運転手に、2011年3月の災害で被災した複合施設の西にある田村市の現在および以前の居住者に合計7,350万円(566,000ドル)を支払うよう命じました。精神的苦痛。

しかし、東京電力と日本政府の両方から1人当たり1100万円の損害賠償を求めた525人の原告は、判決の控訴を検討していると記者会見で述べた。

福島地方裁判所の郡山支部は、近くの野生植物を摘んだり、地域の絆を築いたりするなど、以前の喜びを失ったことで苦しんでいるという原告の主張を認めたが、州に対する訴訟を却下した。

ドローンから撮影した写真は、福島県の北東部を壊滅させた地震、津波、原子力災害の11周年にあたる2022年3月11日、福島県の不自由な福島第一原子力発電所を示しています。 (共同通信)==共同通信

本村陽平裁判長は、2002年に発表された、地震による津波による核施設の危険性に関する政府機関の評価は正確ではなかったが、工場を襲った津波の規模を国が予測することは依然として困難であったと述べた。

裁判官は、「政府が規制当局を行使し、東京電力に対策を講じたとしても、津波による事故を防ぐことはできなかった」と述べ、各原告に200万円を授与した。

原告は東京電力から2012年8月まで月額10万円の慰謝料の形で補償を受けていたため、裁判所は判決で与えられた損害賠償のほとんどはすでに支払われているとの判決を下した。

原発は2022年6月2日、福島県郡山市で、田村市の現住人と元住民が政府と不自由な福島第一原子力発電所の運転者に精神的苦痛を訴えた訴訟で旗を掲げた。 (共同通信)

2011年3月11日に日本の北東部で壊滅的な地震と津波が発生し、原子炉のメルトダウンが発生し、放射性物質の噴煙が空中に放出されました。

田村の一部の地域は、工場から半径20〜30 km以内にあり、状況が悪化した場合に備えて、翌月に緊急避難準備ゾーンとして指定されました。 指定は2011年9月に解除されました。

プラントの安全上の懸念について会社と政府が過失を犯したとして、同様の訴訟が日本全国で提起されています。


関連する報道:

日本の原子力規制当局は、処理済みの福島水を放出することをOK


。裁判所は東京電力に福島の危機に対して7350万円を支払うよう命じた
Source#裁判所は東京電力に福島の危機に対して7350万円を支払うよう命じた

Leave a Comment