虐待でプレッシャーにさらされている日本の映画産業

日本の映画産業は、世界の他の地域での #MeToo キャンペーンの足跡をたどっていますが、ありふれた虐待を完全に根絶することは不可能ではないかと懸念する人もいます。

日本の映画・テレビ業界の俳優、制作クルー、オフスクリーンの労働者は、この業界での嫌がらせや性的暴行に反対するキャンペーンを開始しました。

日本のエンターテインメント業界は、警察やメディアの耳に届いた不正行為を隠蔽するために、その力を利用して新参者や新進気鋭のスターレットを強要したり、ランクを閉じたりする悪質な男性が蔓延していると長い間噂されてきました.

しかし、世界の他の地域での #MeToo キャンペーンを受けて、日本の映画部門は、その行為を一掃するよう圧力を受けています。

キャンペーンが太平洋を横断するのに数年かかりましたが、週刊文春に記事が掲載され、榊秀夫監督が映画での役割の見返りに、または演技ワークショップ。

「ハネムーン」を意味する「みつげつ」の榊監督は謝罪したが、記事の一部に異議を唱えた。

「コールドフィッシュ」「愛のむきだし」など数々の長編映画の監督である園子温に対しても同様の申し立てがなされており、俳優の木下ほうかは出演を休止することを発表している。 2 人の女性がセックスを要求したと彼を非難した後、画面に表示されます。 …読み続けて


エンターテイメント ページ: 1 | 2 | 3

虐待でプレッシャーにさらされている日本の映画産業
Source#虐待でプレッシャーにさらされている日本の映画産業

Leave a Comment