英国の機関は日本にCO2貯留、アンモニア燃料政策を再考するよう要請する

英国の研究グループは、炭素の回収と貯留、およびいわゆる統合ガス化複合サイクルの促進を再考するよう日本に促しました。そのような技術は費用がかかるだけでなく、国の二酸化炭素排出量を大幅に削減しないからです。

今月発表されたレポートで、ロンドンを拠点とする気候データプロバイダーのTransitionZeroは、日本は代わりに、地球温暖化との戦いにおいて「途方もない再生可能エネルギーの可能性を解き放つ」ことができると述べた洋上風力発電にもっと焦点を当てるべきだと述べた。

同グループは、石炭に高圧をかけてガス化するIGCCと、石炭とアンモニアの同時燃焼について言及し、日本の「先進的な石炭技術」は「高価であり、可能性は限られている」と述べ、政府の目標である2050年までのカーボンニュートラル。

2021年10月18日に撮影された写真は、愛知県にある日本のエネルギー会社JERA Co.の石炭火力発電所で、燃料としてアンモニアを混合する試験プロジェクトが実施されています。 (共同通信)

環境保護論者たちは、石炭火力発電所の段階的廃止において、日本が他の先進国に遅れをとっていると批判している。

同グループは、日本が発電とIGCCのアンモニア同時燃焼の役割を「再評価」および「再検討」し、炭素回収貯留(CCS)機能に投資する際には限られた貯蔵場所で「慎重に」行うことを推奨した。

TransitionZeroの分析によると、IGCCのキロワット時あたりの炭素排出量は2030年には670グラムであり、アンモニアの20パーセントの同時燃焼は693グラムであると予想されています。

これらの数値は、「ネットゼロの経路に合わせるために、日本のエネルギーグリッドが2030年に必要とするよりも約5倍高い」ものです。

さらに、このような技術の平均コストは1メガワット時あたり200ドルで、太陽光発電の2倍以上です。

炭素を地下深くに貯蔵するために使用される技術であるCCSについては、わずか10年で容量がなくなる可能性がある「日本の限られた地質学的貯蔵」を考えると、グループは「持続可能な解決策ではない」と述べた。

報告書はまた、2011年3月の福島原発事故後に停止した日本の原子力発電所の再稼働は「依然として政治的に論争があり、ほとんど不確実である」と述べ、原子力の見通しについて懐疑的な見方を示した。

この報告書は、政府が10月に最新の長期エネルギー計画を承認し、再生可能エネルギーを2030年度の総発電容量の36〜38%にするという目標を設定した後に作成されました。これは、2019年度に記録された18%の2倍以上です。 2020年3月に終了しました。

IGCCやCCSなどの先進技術を支援することを約束し、火力発電所からの供給量を2019年度の約75%から2030年度には41%にほぼ半減させることも目標としています。

計画はまた、福島第一原子力発電所の事故後に導入されたより厳しい安全規則のためにほとんどの原子炉がオフラインのままであったため、2019年度の6%と比較して、2030年度の日本の総発電量の20〜22%を占める原子力発電を目標としています。

。英国の機関は日本にCO2貯留、アンモニア燃料政策を再考するよう要請する
Source#英国の機関は日本にCO2貯留アンモニア燃料政策を再考するよう要請する

Leave a Comment