腸内細菌は、日本での低COVID死の背後にある可能性がある、と研究は発見しました

研究によると、コロナウイルスのヒト細胞受容体への結合を抑制することが知られている特定の腸内細菌の豊富さは、アジアと北ヨーロッパで見られるCOVID-19による低い死亡率に役割を果たす可能性があります。研究者。 名古屋大学にて。

多くの科学者は、日本を含むアジアやフィンランドなどの北欧諸国でのCOVID-19による死亡率が低い場合、Xファクターが存在する可能性があると推測しています。 遺伝的および免疫学的な違い、ならびに結核から保護するための幼児期のBCGワクチンの投与は、考えられる理由としてしばしば引用されてきました。 京都府立医科大学が実施したinvitro研究でも、カテキンと呼ばれる緑茶に含まれる化合物がコロナウイルスの感染力を大幅に低下させることが示されました。

伝染性の高いオミクロン変異体は、デルタ変異体よりも重症度が低いことが知られており、死亡率はインフルエンザの死亡率にほぼ匹敵するように減少しています。

しかし、COVID-19による死亡率は年齢とともに増加する傾向があります。 その他の危険因子には、肥満、糖尿病、喫煙、呼吸器感染症の病歴などがありますが、COVID-19に対する予防接種は、深刻な病気や死亡の可能性を減らします。

一部の国での低死亡率の背後にある謎の要因を明らかにするために、名古屋大学の科学者は、公開データベースから10か国の953人の健康な被験者の腸内微生物の生の配列データを分析しました。

チームは、腸内細菌の組成とCOVID-19の死亡率の関係を分析し、ワクチンがまだ広く利用可能になっていない2021年2月に高度な機械学習モデルを適用しました。 彼は30の主要な腸内細菌を分析し、呼ばれるコリンセラの量が最も少ないことが、COVID-19による高い死亡率の背後にある最も高い予測因子であり、統計的有意性が著しく高いことを発見しました。

次に、科学者は、微生物の組成の類似性に基づいて、データをエンテロタイプと呼ばれる5種類の腸内細菌学的生態系に分類しました。 彼らはそれらを10カ国の死亡率と比較し、コリンセラのレベルが死亡率と負の相関関係にあることを発見しました。







腸内細菌は、日本での低COVID死の背後にある可能性がある、と研究は発見しました

Source#腸内細菌は日本での低COVID死の背後にある可能性があると研究は発見しました

Leave a Comment