習主席は、「COVIDゼロ」政策の中で開放するという中国のコミットメントを誓う

中国の習近平国家主席は金曜日、経済活動を混乱させた国の過激な「ゼロCOVID」政策に対する外国企業の不満の中で、北京は開放政策に引き続きコミットすると誓った。

習近平国家主席は、上海で開催された第 5 回中国国際輸入博覧会の開会式でビデオ演説を行い、「中国は相互に利益をもたらす開放戦略に従い、経済のグローバル化の正しい方向性を堅持している」と述べた。

2022年11月4日、上海で開催された第5回中国国際輸入博覧会の開会式でビデオ演説を行う中国の習近平国家主席。(共同)

習主席は「健全な国内市場を開拓し、商品貿易を改善し、サービス貿易の新しいメカニズムを開発し、より多くの高品質の製品を輸入するための努力を強化する」と述べた。 「中国はすべての国や関係者と協力して、その広大な市場で機会を共有していきます。」

127の国と地域から2,800以上の企業が、次の木曜日までの6日間開催される予定の毎年恒例の輸入品の全国展示会に参加します。 このイベントでは、世界第 2 位の経済大国の市場に自社製品を売り込む多くの外国企業が登場します。

日本からは本田技研工業やパナソニックホールディングス、化粧品メーカーの資生堂、アパレルチェーンのユニクロファーストリテイリングなどが参加する。

政府系の日本貿易振興機構は、日本企業が中国で販売チャネルを拡大するのを支援するために、博覧会で日本の食品と医療機器を展示します。

中国が封鎖、検疫、保健当局による厳格な監視を含む抜本的なCOVID規制を実施しているため、多くの外国企業はアジアの国への直接投資を後押しすることに消極的になっています.

人口 2,500 万人の中国の商業および金融の中心地である上海は、5 月末までの約 2 か月間閉鎖され、サプライ チェーンと国内の物流業務が混乱しました。

習主席は、「COVIDゼロ」政策の中で開放するという中国のコミットメントを誓う

Source#習主席はCOVIDゼロ政策の中で開放するという中国のコミットメントを誓う

Leave a Comment