羽生結弦はクアッドアクセルが第3オリンピックの金メダルを獲得するのに役立つと言います

羽生結弦は月曜日、北京オリンピックで全国選手権で優勝した後、四重車軸の成功がオリンピックの金メダルを3回連続で獲得するのに役立つことを望んでいると語った。

さいたまスーパーアリーナで2連覇、総合6位で右足首の負傷で8ヶ月ぶりに復帰した27歳。

(Rより)2021年12月26日にさいたまスーパーアリーナで開催された全国選手権にフィギュアスケート選手の羽生結弦、宇野昌磨、鍵山優真がメダルを持って登場。(京堂)

日曜日のフリースケートでクアッドアクセルを回転させてトリプルアクセルに変えた羽生は、より大きなステージに釘付けにしたいと考えています。

「オリンピックはリサイタルではない。それはあなたが勝たなければならない場所だ」と彼はオンライン記者会見で言った。 「そのため、しっかりと決意します。」

「実行ポイントの追加スコアを取得するクワッド軸を持つプログラムをまとめることができると期待しています。」

北京でアメリカの世界チャンピオン、ネイサン・チェンと金メダルを争うことが期待されている羽生は、平昌オリンピックの銀メダリスト、宇野昌磨と18歳のオリンピック新人ユマと日本チームに加わる。 全国のものでは、それぞれ、3番目です。

「(過去4年間で)オリンピックの舞台でどれだけ成長したかを示したい」と宇野氏は語った。

父とコーチの正和が2度出場した萩山は、最高のステージで戦う機会に興奮した。

「試合前にもう1つクワッドジャンプを追加しようと思う」と彼は言った。

(左から右へ)鍵山優真、宇野昌磨、羽生結弦、坂本花織、樋口新葉、川辺真奈、小松原美里、小松原美里が2021年12月26日に埼玉に登場。

女子分野では、坂本花織が3年ぶりに全国タイトルを獲得し、2年連続のオリンピック出場権を獲得した。

前回の五輪で6位を目指す21歳の選手は、オリンピック新人の樋口新葉と河辺愛菜が全国大会で表彰台を獲得したことで、彼らとの友情を深めることができると語った。 。

「6位を超えて表彰台に上がりたい」と坂本氏。 「私たち3人を隔てるものは何もないし、私は彼らを導くことを考えていませんが、私は彼らをリラックスさせることができることを願っています。」

樋口は三軸をキーにオリンピックのベンチマークとして合計230点を設定した。

「来月は大会が1つもないので、自信をつけるために少しトレーニングしたいと思っています」と20歳の選手は語った。

そんな中、17歳の川辺はカットしたことにショックを受けたと明かした。

「私はオリンピックをすることをまったく考えていませんでした。そのステージでスケートをすることができることに大きな興奮があります」と彼は言いました。 「私の表現はライバルの表現に遅れをとっており、音楽をもっと上手に表現しようと思います。」

小松原美里と小松原美里の夫婦は、髙橋大輔と村元哉をわずか1.86ポイント上回り、全国選手権で優勝した後、アイスダンスでの地位を確保しました。

元男子シングルスの世界チャンピオンであり、バンクーバー大会の銅メダリストである高橋は、村本と組んで、ちょうど1シーズン前にアイスダンスに切り替えました。 彼らは今シーズン、日本のデュオの最高得点を達成した後、オリンピックチームに勝つための素晴らしいチャンスを探していました。

「結果を聞いてがっかりしたが、すぐに受け入れた」と、3月の世界カーリング選手権で村本のチームメイトとなる高橋さん(35)は語った。

三浦璃と木原龍一のタッグチームは、全国選手権の前にすでに北京に出場していた。


関連する報道:

写真:全日本フィギュアスケート選手権

フィギュアスケート:羽生結弦が全国選手権、オリンピックスクエアで優勝

フィギュアスケート:坂本花織がオリンピックスクエアで2度目の全国王冠を獲得


。羽生結弦はクアッドアクセルが第3オリンピックの金メダルを獲得するのに役立つと言います

Source#羽生結弦はクアッドアクセルが第3オリンピックの金メダルを獲得するのに役立つと言います

Leave a Comment