羽生結弦が足首の負傷で世界の船を逃す

日本スケート連盟によると、羽生結弦は今月後半、北京オリンピックで右足首を捻挫した後、フランスでの世界選手権に出場できない。

2度のオリンピック金メダリストは先月中国で4位に終わり、フリースケーティングの前日の練習中に怪我を負いました。 オリンピックがなかったら、彼が引き抜かれるのを見ていただろうという深刻さを認めた。

27歳の彼は、首都体育館のスケートリンクでフリースケーティングの前に鎮痛剤を注射しました。クアッドアクセルを上陸させることはできませんでしたが、主要な国際トーナメントでジャンプを試みたと公式に記録された最初のスケーターになりました。

日本人フィギュアスケート選手の羽生結弦は、2022年2月10日に北京の首都体育館で開催された北京冬季オリンピックでのフリースケートの最後にポーズをとっています。 (共同通信)==共同通信


関連する報道:

オリンピック:羽生結弦が北京に別れを告げる、3月の世界は未定

写真:北京オリンピックでのフィギュアスケート展示会ガラ

オリンピック:「感謝の気持ちを込めて」羽生結弦が次の試合に出場するチャンスを逃す


展示会に続いて、羽生は3月23日からモンペリエで開催された世界選手権への参加に頭を悩ませていました。

「まだはっきりと立っていないことがあり、それは私の将来も含む。私は世界についての私の決定においてすべてを考慮に入れる」と彼は当時言った。

一方、16歳の三浦佳生がチャンピオンシップにデビューします。

。羽生結弦が足首の負傷で世界の船を逃す
Source#羽生結弦が足首の負傷で世界の船を逃す

Leave a Comment