継続するための厳しい国境措置

日本の岸田文雄首相は、火曜日に国会が最後の会期を終えた後、国に演説した。 岸田文雄は、コロナウイルスのオミクロン変異体に対応して、政府はより厳しい国境制限を継続すると述べた。

同氏は、「政府は、オミクロンの亜種を封じ込めるための予防措置を講じる。感染者と密接に接触した人々は、自宅で隔離されるのではなく、指定された施設に14日間留まるよう求められる」と述べた。

これまで、政府は原則として居住者ではない外国人の入国を許可していませんでした。

当初は12月末までの予定だったが、正確な日程は明かさなかったが、岸田文雄は今後も継続するとしている。

政府は状況を分析した上でこれを決定する。

首相は、政府が追加免疫注射の実施を増やしており、経口COVID-19薬を配布する準備をしていると述べた。







継続するための厳しい国境措置

Source#継続するための厳しい国境措置

Leave a Comment