米軍埋立開始から3年後に沖縄で行われた反対運動。

反基地抗議者たちは火曜日に沖縄沖の海域でカヌーとボートを押収し、移管のための沖合充填作業が開始されてからちょうど3年後に、米国空軍基地の計画された移転に反対を示した。

「埋め立てをやめよう」「美しい海を守ろう」と書かれた看板を掲げ、約30カヌーの抗議者たちが、普天間飛行場をアメリカから南島県辺野古地区。

カヌーのデモ隊は、2021年12月14日、沖縄県名護市の辺野古沿岸地域にある米海兵隊普天間飛行場の計画された移転のための埋め立て作業に抗議します。(京堂)==京戸

米軍の駐留に関連する騒音、犯罪、事故に不満を抱き、多くの地元住民は、基地を日本にほとんどの米軍施設がある都道府県の外に移転することを望んでいるため、移転計画に反対し続けています。

宜野湾のにぎやかな住宅地にある風天間飛行場の機能をシュワブ海洋キャンプに隣接する新しい場所に移す計画の下で、中央政府は密度の低い水域に土地を要求した後、V字型の滑走路を建設する予定です。 名護市辺野古の人口密集地。

デモ中、約20隻のカヌーが、埋め立て地と海を隔てる封じ込めブームを壊し、海上保安庁の任務に就いた警備員に、彼らをブロックするためにスクランブルをかけ、短い乱闘を引き起こしました。

砂やごみ収集車を運ぶ船がこの地域を行き来する中、抗議者たちは合唱で「違法建築をやめろ」と「珊瑚を殺さないで」と唱えた。

抗議者の何人かはキャンプシュワブの門の外にも集まった。

松野博一官房長官は、月曜日の記者会見で、風天間基地を辺野古に移転することが「唯一の解決策」であると述べ、中央政府の立場を強調した。

海上保安官(左)が、12月14日、沖縄県名護市辺野古地域への普天間飛行場移転計画に伴う埋め立て作業に抗議するカヌーで抗議者と対峙する。 、2021年。(共同通信)==共同通信

玉城デニー反基地知事を中心とする沖縄県は、基地移転問題をめぐって中央政府と法廷闘争を繰り広げてきたが、多くの裁判所が国を支持する判決を下した。

今年の11月、玉城氏は、計画された復旧地域で以前に発見された弱地に対処するための風天間基地の移転に関する中央政府の計画された設計変更を受け入れることを拒否し、建設プロセスを妨げ、おそらく新たな法廷闘争を引き起こした。

設計変更が受け入れられたとしても、新しい基地が完全に機能するまでには少なくともさらに12年かかると予想されます。

移転計画は、沖縄での12歳の少女の1995年の集団レイプに対する国民の怒りの中で、風天間基地が占めていた土地の返還に関する日米間の1996年の合意にまでさかのぼります。3人の米軍要員による。

。米軍埋立開始から3年後に沖縄で行われた反対運動。

Source#米軍埋立開始から3年後に沖縄で行われた反対運動

Leave a Comment