米国は9月にインド太平洋経済枠組大臣会談を主催する。

日本と米国を含む 14 カ国が参加するインド太平洋経済枠組の初の直接閣僚会議が来月初旬にロサンゼルスで開催される予定である、と日本政府筋は日曜日に述べた。

日本の西村経済産業大臣は、9月から2日間の会議に出席する予定です。 5月に開始された米国主導の貿易イニシアチブの下で、代表団が交渉を進めることを目指しているため、情報筋によると、8日。

IPEF として知られるこの枠組みは、急成長する地域での北京の経済的影響力の高まりとのバランスを取ることを目的としています。 また、オーストラリア、ブルネイ、フィジー、インド、インドネシア、マレーシア、ニュージーランド、フィリピン、シンガポール、韓国、タイ、ベトナムも含まれます。

(Lより) 2022年5月23日、東京で開催されたインド太平洋経済枠組(IPEF)の立ち上げイベントの開始時に写真撮影会に出席した日本の岸田文夫首相、米国のジョー・バイデン大統領、インドのナレンドラ・モディ首相。 (プール写真) (経堂) ==経堂

この枠組みは、フェアトレード、サプライ チェーンの回復力、インフラストラクチャとクリーン エネルギー、税と腐敗防止の 4 つの柱に重点を置いています。

このイニシアチブの立ち上げは、5月にジョー・バイデン米大統領が日本を訪問した際に発表されました。

バイデン政権は、IPEF は関税引き下げを伴う伝統的な自由貿易協定ではないと述べている。

ホワイトハウスの国家安全保障担当補佐官ジェイク・サリバン氏によると、デジタル経済などの新しい分野で基準やルールを設定するなど、インド太平洋経済のさらなる統合に焦点を当てた取り決めを意図しているとのことです。

.米国は9月にインド太平洋経済枠組大臣会談を主催する。
Source#米国は9月にインド太平洋経済枠組大臣会談を主催する

Leave a Comment