米国は太平洋諸島と関わるための多国間イニシアチブを開始する

ホワイトハウスのインド太平洋コーディネーター、カート・キャンベル氏は、中国の影響力の高まりに対する懸念が高まる中、米国は来週、志を同じくする国々と協力して太平洋諸島との関係を強化するイニシアチブを開始する予定だと述べた。

日付のないファイル写真は、米国国家安全保障会議のインド太平洋問題のコーディネーターであるカート・キャンベルを示しています。 (共同通信)==共同通信

このイニシアチブは、米国がオーストラリア、英国、フランス、日本、ニュージーランドなどの他の国々とともに、太平洋環境を「開放的」かつ「強制力のない」状態に保つことを確実にすることを目的としています。ワシントンを拠点とするシンクタンクである新アメリカ安全保障センターが主催。

発言は、中国がソロモン諸島との安全保障協定に署名するなど、太平洋島嶼国への影響力を強化しようとしているときに出された。島々のアジアの国の軍隊。

中国は最近、太平洋島嶼国に貿易、安全保障、警察の協力、水産業などの幅広い問題をカバーする協定に署名するよう説得できなかったと報じられたが、各国とのより緊密な関係を追求し続けることを誓った。

「これから少しの間、私たちがやりたいことの1つは、太平洋でゲームを大幅に強化することです。これは、戦略的に非常に重要な分野です」とキャンベル氏は述べています。

より広いインド太平洋地域では、北京は南シナ海の紛争地域の前哨基地を軍事化し、東京が支配しているが北京が主張している東シナ海の島々のグループである尖閣諸島周辺の海域に繰り返し侵入している。

。米国は太平洋諸島と関わるための多国間イニシアチブを開始する
Source#米国は太平洋諸島と関わるための多国間イニシアチブを開始する

Leave a Comment