米国はカリフォルニアでオミクロンコロナウイルス変異体の最初の症例を確認します

米国は水曜日に、コロナウイルスの新しいオミクロン変異体の最初の症例を確認し、進行中のパンデミックの懸念として最近見られた菌株を検出した国の数が増えていることを確認したと述べた。

疾病管理予防センターによると、この事件は、11月22日に南アフリカから帰国したカリフォルニアの人を巻き込んだ。 月曜日に陽性と判定された人は、完全にワクチン接種され、軽度の症状が改善しています。

CDCによると、すべての密接な接触は陰性でした。

国立アレルギー感染症研究所の所長であり、大統領の主任医療顧問であるアンソニーファウチ博士は、2021年12月1日にホワイトハウスで行われた毎日の記者会見でオミクロンCOVID-19変異体に関する最新情報を提供します。 。 (ゲッティ/共同通信)

世界保健機関が先週コロナウイルスの「気になる亜種」のリストにオミクロンを追加した後、米国は月曜日にそれが最初に報告されたアフリカ南部の8カ国からの外国人旅行者の禁止を実施しました。

ホワイトハウスは、ジョー・バイデン大統領の医療チームは、既存のCOVID-19ワクチンが「オミクロンの深刻な病気に対してある程度の防御を提供し、ブーストされた人々はさらに強力な防御を提供する」と引き続き信じていると述べた。

CDCのデータによると、バイデン政権はワクチンを全国で無料で広く利用できるようにするために取り組んできましたが、米国の人口の約40%はまだ完全に予防接種を受けていません。

「この国には、ワクチン接種を受けていない、ワクチン接種を受ける資格のある6000万人の人々がいます。私たちは彼らにワクチン接種するつもりです。ワクチン接種を受けた人々をプッシュするつもりです」と、米国の主要な感染症専門家であるアンソニー・ファウチは言いました。記者会見で。 。

先月、すべての成人は、2回目の2回接種の6か月後、または1回接種のワクチン接種の2か月後に追加接種を受ける資格がありました。

ファウチ氏は、オミクロンの伝染性、感染者に重篤な病気を引き起こすかどうか、追加免疫を受けていないワクチン接種を受けた人との影響が異なるかどうかなど、オミクロンについて詳しく知るには2〜3週間かかると述べた。 撮影。

ファウチによれば、オミクロン株に感染した個人は、追加免疫ワクチンを受けていないと考えられていた。

CDCによると、オミクロンが検出されたにもかかわらず、米国ではデルタ変異株が依然として優勢な株です。

。米国はカリフォルニアでオミクロンコロナウイルス変異体の最初の症例を確認します

Source#米国はカリフォルニアでオミクロンコロナウイルス変異体の最初の症例を確認します

Leave a Comment