米国はオウム真理教を外国のテロブラックリストから削除する予定

米国は、かつて重大な脅威をもたらし、アジア、ヨーロッパ、中東で数千人とまではいかなくても数百人を殺害した数人を含む、外国のテロ組織のリストから、すべてが機能していないと考えられる5つの過激派グループを削除する準備ができています。

グループは活動的ではありませんが、この決定はバイデン政権と組織が活動している国に政治的に敏感であり、犠牲者とその家族が依然として愛する人の喪失に対処していることから批判を集める可能性があります。組織はバスク分離主義者グループETAです。 、日本のカルトであるオウム・シンリキョウ、過激なユダヤ人グループ、カハネ・カッチ、そしてイスラエル、パレスチナ自治区、エジプトで活動している2つのイスラムグループ。

リストからグループを削除すると、指定に伴う一連の制裁措置を取り消すという即時の効果があります。 これには、資産の凍結や旅行の禁止、およびグループやそのメンバーに重要なサポートを提供するアメリカ人の禁止が含まれます。 過去には、物的支援の規定は、金銭または現物援助、場合によっては医療さえも含むように広く定義されていました。

オウム真理教(AUM)は、1995年に東京の地下鉄で致命的なサリンガス攻撃を行い、13人が死亡し、さらに数百人が病気になった日本の「最高の真実」のカルトです。 このグループは、2018年にリーダーの麻原彰晃を含むトップエシェロンが処刑されて以来、ほとんど機能していないと見なされてきました。1997年に外国のテロ組織に指定されました。







米国はオウム真理教を外国のテロブラックリストから削除する予定
Source#米国はオウム真理教を外国のテロブラックリストから削除する予定

Leave a Comment