米国は、日本、中国、その他の国々との埋蔵量から石油を放出します

ホワイトハウスは火曜日、米国は、日本や中国などの他の主要なエネルギー消費国と協力して、緊急備蓄から5000万バレルの石油を放出する予定であると述べた。

日本は、資源の乏しい国による価格引き下げの試みとして、石油埋蔵量の最初の使用となる国有の余剰在庫の使用を検討している。

ホワイトハウスによると、米国の発表は、ガソリンやその他の燃料製品の価格上昇が、コロナウイルスのパンデミックの影響にすでに苦しんでいる家庭や企業に打撃を与えたため、世界中の国々との数週間にわたる協議に続いた。 インド、韓国、英国も行動を起こしている国のひとつです。

ガソリン価格は、2021年11月15日にカリフォルニア州ロサンゼルスのガソリンスタンドに表示されます。 (ゲッティ/共同通信)

ジョー・バイデン米政権の高官は、「他のエネルギー消費国と並行してこのようなことをしたのはこれが初めてだ」と述べた。

ガス価格の上昇は、経済がコロナウイルスのパンデミックから回復し、国や企業が石油の供給を停止したため、世界の石油供給が世界の石油需要に追いついていないことも一因であると別の当局者は説明した。

米国が戦略的石油備蓄に利用できるようにする5000万バレルの石油のうち、3200万バレルが石油会社に貸し出され、1800万バレルが議会が以前に承認した石油販売を通じて配達されます。

米国政府によると、戦略的石油備蓄は、6億バレルを超える石油を保有する世界最大の緊急原油供給国です。

ホワイトハウスは、「大統領は、必要に応じて追加の措置を講じる準備ができており、パンデミックから抜け出したときに十分な供給を維持するために、世界の他の地域と協力して働くすべての当局を利用する用意がある」と述べた。

政府関係者によると、日本については、当初放出される石油の量は、数日分の消費に相当すると見込まれています。

日本では、自然災害や海外での政治的混乱に続く供給の懸念に対処するために、埋蔵量を活用するという過去の決定がなされました。 これまでに、湾岸戦争や2011年3月の東北地方太平洋沖地震と津波を含め、5回の解放がありました。

日本政府は自然災害のために蓄えられた埋蔵量を使い果たす可能性があるため、その埋蔵量を利用することを躊躇しているが、産業省の高官は以前、米国の要求を拒否することは「選択肢ではない」と述べた。

消費量の約9割を中東の産油国に依存している日本は、1970年代から原油埋蔵量の保有を開始しました。

日本には3種類の石油埋蔵量があります。企業が保有する国有埋蔵量と産油国に貯蔵されている石油埋蔵量です。

日本政府は国際エネルギー機関の一員として、前年の純輸入量の90日分に相当する石油埋蔵量を維持する義務を負っていますが、民間の非常用備蓄の量は、前年の石油消費量の70日を超えなければなりません。 。 年。

9月末現在、日本は242日間の国内消費を確保しており、そのうち145日間は国有、90日間は民間が保有し、残りは産油国と共同で貯蔵している。今月発表された最新の政府データによると。

市場は、米国や他の国々が埋蔵量から石油を放出し、最近エネルギー価格を押し下げるだろうという憶測に反応していた。

。米国は、日本、中国、その他の国々との埋蔵量から石油を放出します

Source#米国は日本中国その他の国々との埋蔵量から石油を放出します

Leave a Comment