米国は、世界的なCOVIDワクチン接種目標を達成するためのさらなる努力を求めています

米国は月曜日に、2022年にコロナウイルスのパンデミックを封じ込める取り組みを強化するよう各国に呼びかけ、現在の行動は9月までに世界人口の70%にワクチンを接種するという目標を達成するには不十分であると述べた。

コロナウイルスの非常に伝染性の高いオミクロン変異体が多くの場所で後退していることに注意しながら、米国務長官のアントニー・ブリンケンは仮想COVID-19閣僚会議に、「パンデミックがまだ終わっていないという現実を知っている」と語った。

「世界保健機関は、今年の9月までに、すべての国の70%の人々にすべての所得レベルで予防接種を行うという目標を設定しました。私たちの目標をはるかに下回っています」と、彼は付け加えました。

彼はまた、パンデミックを終わらせるための戦いに残された「最大の障壁」に対処するためのCOVID-19グローバルアクションプランの立ち上げを発表しました。ワクチンの安全性に関する偽情報への取り組み。

バーチャルミーティングに出席した林芳正外相は、冷凍トラックやその他のコールドチェーン機器を提供するなど、ワクチンが地元のワクチン接種現場に確実に届けられるようにするための自国の貢献を強調した。

ブリンケン氏は、日本は約60か国を支援する「ラストワンマイルサポート」プログラムでこの地域でリーダーシップを発揮しており、進展を継続する必要性を強調したと述べた。

議論は、次のCOVID-19リーダー会議の土台を築くのに役立つと期待されており、米国のジョー・バイデン大統領は春に合意することを望んでいます。

ブリンケンによれば、先月、WHOは90カ国近くが70パーセントの目標を達成するために軌道に乗っていないことを警告した。

「つまり、何十億もの人々がCOVIDに対して脆弱なままであり、世界は新しい亜種に対して脆弱なままであり、これまでに経験したものよりもさらに致命的で感染しやすい可能性がある」と米国のトップ外交官は述べた。


関連する報道:

日本はファイザーから追加の1000万COVIDワクチンショットを購入する

韓国は初めて5万件以上のCOVID-19症例を報告しています

ニュージーランドは2月下旬から段階的な国境再開を開始します


。米国は、世界的なCOVIDワクチン接種目標を達成するためのさらなる努力を求めています
Source#米国は世界的なCOVIDワクチン接種目標を達成するためのさらなる努力を求めています

Leave a Comment