米国と日本の科学者が睡眠障害研究で賞を受賞

アメリカと日本の科学者は、昼間に突然眠くなる睡眠障害であるナルコレプシーの原因を明らかにした発見に対して、米国ブレークスルー賞を受賞しました.

300 万ドルのライフ サイエンス賞の 1 つは、スタンフォード大学医学部のエマニュエル ミニョット氏と筑波大学の柳沢正史氏に、睡眠導入薬の開発に貢献した別々の研究プログラムに贈られた、と主催者は木曜日に述べた。

Google の共同創設者であるセルゲイ ブリンや Facebook の創設者であるマーク ザッカーバーグなどによって設立されたブレークスルー賞は、ライフ サイエンス、数学、基礎物理学の優れた業績に対して贈られます。

柳澤さんは、睡眠研究の重要性が認識されていることをうれしく思います。

柳沢まさし。 (経堂)

「睡眠と覚醒の間の移行の仕方や、生物はなぜ眠るのかなど、根本的な謎の解明に貢献できるよう取り組みたい」と語った。

柳沢は1990年代に、脳内のタンパク質であるオレキシンを発見し、マウスを使った実験で覚醒を維持するのに役立つことを発見しました. オレキシンに関する発見は、睡眠薬の開発につながりました。

Mignot は、犬の研究を通じて、ナルコレプシーを引き起こす遺伝子変異を発見しました。 私は、ヒトでは、免疫系細胞がオレキシンを産生する細胞を攻撃し、結果として障害につながることを発見しました.

彼らは賞金を分け合います。


関連記事:

地球温暖化による睡眠不足、格差拡大

特集:よく眠れていますか? あなたのAIデバイスに判断させてください

パンデミックの中、2020 年には 1 日あたりの睡眠時間が 10 分長くなる: 研究


.米国と日本の科学者が睡眠障害研究で賞を受賞
Source#米国と日本の科学者が睡眠障害研究で賞を受賞

Leave a Comment