第1回国連核兵器禁止条約会議は「早急な行動」を促す

核兵器を禁止する国連条約の締約国は、木曜日の最初の会合を締めくくり、核兵器のない世界を実現するための「早急な行動」を求めた。

ウィーンでの核兵器禁止条約の3日間の締約国会議の終わりに採択された声明は、ロシアが脅迫しているときにそのような核兵器が二度と使用されないための唯一の方法は迅速な対応であると述べたウクライナとの戦争でそれらを使用する。

ウィーン宣言によれば、核の脅威は「核兵器の存在によってもたらされる危険の巨大さをさらに強調する」。

声明は、英国、中国、フランス、インド、イスラエル、北朝鮮、パキスタン、ロシア、米国の9か国が合計約13,000発の核兵器を保有していることへの深刻な懸念を表明し、「核武装国は決して核兵器を使用しない」と主張した。またはいかなる状況においても核兵器を使用すると脅迫する。」

核兵器を禁止する国連条約の最初の締約国会議は、2022年6月21日にウィーンで開催されます。(京堂)==京堂


関連する報道:

影響を受けた国を助けることを誓う最初の国連核禁止条約行動計画


彼らの懸念は、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナへの侵略において国の核軍に警戒を強めるよう命じたために起こった。

また、声明のなかで、条約を批准した65の国と地域を含む締約国は、日本などの核兵器国の核傘下にある国々を「核兵器への依存を減らすための真剣な措置を講じていない」と批判した。 「」

両党は、「核兵器をさらに非難し、非合法化し、核兵器に対する強力な世界的強行規範を着実に構築することを目的として」、条約の実施を加速するだろうと宣言は述べた。

戦争で核兵器の恐怖を経験した世界で唯一の国である日本は、広島と長崎の爆撃の生存者の間で高い期待があったにもかかわらず、核兵器禁止条約に署名せず、オブザーバーとしても会議に参加しませんでした。それだろう。

ドイツ、ノルウェー、オランダはオブザーバーの地位で会議に参加しましたが、国防は北大西洋条約機構のメンバーとして米国主導の核の傘に依存しています。

ロシアのウクライナ侵攻をきっかけにNATOへの加盟を申請したスウェーデンとフィンランド、そして日本と同じように米国の主要な同盟国であるオーストラリアもオブザーバーの参加者でした。

参加者は、被爆者や被爆者など、核放射線の影響を受けた実体や人々による「核軍縮の推進への貴重な貢献」を称賛した。

核兵器禁止条約(NPT)の下で核兵器を保有することを許可されている核武装国は、核兵器禁止条約に反対しています。

禁止条約は、核兵器の開発、試験、所持および使用を非合法化する最初の国際協定です。 最初の会議は、究極の戦争兵器を廃止するための勢いを構築するために開催されました。

核兵器禁止条約を支持する非核国と核兵器国の間には摩擦が残っています。 宣言によれば、禁止条約は、NPTを「軍縮および不拡散体制の要」として認識しているため、NPTと建設的に連携する予定です。

。第1回国連核兵器禁止条約会議は「早急な行動」を促す
Source#第1回国連核兵器禁止条約会議は早急な行動を促す

Leave a Comment