穀物価格が高いため、日本の農家は米ではなく小麦を栽培するようになっています

政府の調査によると、ロシアのウクライナ戦争による穀物価格の上昇の中で、今年は米の生産量を減らし、小麦と大豆に切り替えることを計画している日本の農家が増えています。

農林水産省によると、日本の47都道府県のうち、37都道府県は4月末現在、前年の1月の調査で同じように回答した22都道府県から1年前から米の作付面積を減らすと述べた。 。

同省当局者は、「世界的な価格が高騰しているため、小麦や大豆の生産に切り替える農家が増えている」と述べ、日本で生産されるこのような作物の需要はすでに強いと付け加えた。

現在、日本で使用・消費されている小麦の80%、大豆の90%が輸入されており、ロシアとウクライナが主要生産国であるため、価格が急騰しています。

対照的に、日本の米の消費と価格は、食生活の多様化と人口の減少に伴い、1962年度以降下落傾向にあります。


ビジネスページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

穀物価格が高いため、日本の農家は米ではなく小麦を栽培するようになっています
Source#穀物価格が高いため日本の農家は米ではなく小麦を栽培するようになっています

Leave a Comment