福島の核のがれきの除去はさらに2023年度まで延期される

2011年に炉心メルトダウンに見舞われた福島第一原子力発電所の運営会社と日本政府は木曜日、もともと今年開始される予定だった放射性燃料デブリの取り出しを約12~18ヶ月延期すると発表した。

2021年に開始される予定だったが、コロナウイルスのパンデミックのために遅れた、プラントの第2ユニットからの溶融燃料の取り出しの2回目の遅れを示しています。

事業者である東京電力ホールディングス株式会社と政府は、安全かつ迅速に作業を進めるために、来年4月から始まる2023年度下半期から2024年3月までにがれきの撤去を開始することを目指しています。確実な方法。

2 号機は、2011 年 3 月 11 日の巨大な地震と津波の後にメルトダウンした海辺のサイトにある 3 つの原子炉の 1 つです。瓦礫の除去は、プラントで進行中の清掃作業の中で最も困難な部分です。

2022 年 7 月 8 日に福島県楢葉町で撮影されたファイル写真は、福島第一原子力発電所の 2 号機からの放射性燃料デブリの除去に使用されるロボット アームを示しています。 (経堂)

最新の延期は、伸縮可能なロボット アームと、デブリ除去装置をロボット アームに取り付けるために使用される、いわゆる「デュアル アーム マニピュレータ」を改良する必要性が発見されたことに続きます。

第一原発に近い福島県楢葉町で性能試験が行われているロボットアームは、撤去工程で重要な役割を果たす。

撤去作業は、損傷した 3 基の原子炉の中で運転員が内部の状況を最もよく把握していた 2 号機から開始されます。

最大約22メートルに伸びるロボットアームを格納容器に挿入し、デブリを少しずつ取り出し、徐々に量を増やしていきます。


関連記事:

日本は、主要な政策転換で新しい原子力発電所の建設を検討しています

日本の産業大臣が機能不全の福島原子力発電所を視察

福島の化学廃棄物を無害化するために北海道に移動


.福島の核のがれきの除去はさらに2023年度まで延期される
Source#福島の核のがれきの除去はさらに2023年度まで延期される

Leave a Comment