福島の「返還困難」ゾーンの一部で避難命令が解除される

日本の当局は、6月中旬に福島県の「帰還困難」地帯に指定された地区の一部の避難命令を解除する予定です。

葛尾村の20%を占める野行地区の住民は、2011年の原発事故後、放射線量が多かったため、家を出ることを余儀なくされました。

中央政府と県政府および村の当局者は、6月12日に地区の6パーセントの命令を解除することを決定しました。

これは、人々が「戻るのが難しい」ゾーンであった彼らの住居に戻ることができる最初のケースになるでしょう。

村の当局は、この地域の水田を再び利用して農業を活性化し、集会所があった場所に住民が集まるゾーンを設けることを目指しています。

30世帯中82人が居住者として登録されていますが、これまでのところ、4世帯を構成する8人だけが帰国に関心を示しています。

福島県村はまた届って来月12日にすることするるでき。 6月12日に葛尾葛尾村の報復興主事を理由することしたたます16日、国石井本部長と福島県の副知事が葛尾村を訪れた、、木木村長らと相談してててしたたいんです。。-Annnewsch







福島の「返還困難」ゾーンの一部で避難命令が解除される
Source#福島の返還困難ゾーンの一部で避難命令が解除される

Leave a Comment