福島からの処理水の放出のための行動計画

日本政府は、故障した原子力発電所からの水が海に放出された後の産業の評判へのいかなる損害にも対処する計画を考え出しました。

日本北東部の福島第一は、2011年3月の地震と津波で3回の崩壊に見舞われました。

水は溶融燃料を冷却するために使用され、放射性物質で汚染されました。 それは、損傷した原子炉の建物に浸透した地下水と雨と混ざり合った。 それ以来、水は処理されてタンクに保管されていますが、それでも放射性トリチウムが含まれています。 施設にはこの水のための1,000以上のタンクがあります。 来年の秋以降は定員に達する見込みです。

政府は、トリチウム濃度を国の規制で許可されているレベルの40分の1に希釈した後、プラント運営者が2023年春頃に海に水を放出すると述べています。

政府は火曜日に関係閣僚会議を開き、計画を発表した。

この計画では、水放出の影響に関する中間評価を国内外で公表することを求めており、これは来年国際原子力機関によってまとめられる予定です。

この計画には、地元産業、特に漁業の評判を損なうことを避けるための中長期的な対策も組み込まれています。 これらの取り組みの一環として、地元のシーフードのマーケティングは、今年度の追加予算で承認された約2億6000万ドル相当の基金によって支援されます。

計画では、補償基準が決定され、排水開始前に損害賠償請求手続きが公表されることも示されています。

松野官房長官は、政府による放水に関する科学的説明は海外で積極的に受け入れられているが、多くの地方自治体や農漁業関係者は評判を傷つける可能性があることを懸念していると述べた。







福島からの処理水の放出のための行動計画

Source#福島からの処理水の放出のための行動計画

Leave a Comment