神社の木に釘付けにされたプーチンのわら人形で逮捕された日本人男性

警察によると、72歳の男性が、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の顔をした麦わら人形を東京近郊の神社の神聖な木に釘付けにしたとして、水曜日に逮捕された。

千葉県松戸市の警察によると、日野光信氏は物的損害と不法侵入の疑いがあるという。 人形はプーチンの顔の写真を特徴とし、その胸にロシアの指導者の死を願うメモが付いていました。

2022年5月24日、千葉県松戸市の三日月神社の敷地内に、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領の顔をした麦わら人形が釘付けにされました。(写真提供:三日月神社)(京堂)

日野容疑者は、5月19日午後2時10分頃、松戸三日月神社の敷地内に侵入し、藁人形を釘付けして「神木」に穴を開けたと非難されている。

警察は5月から東日本市の10以上の神社で同様のプーチン藁人形を確認しており、人形の大きさやメモの手書きが似ているため、犯人が同じである可能性が高いと述べた。

神社の敷地内にある防犯カメラの映像は、日野のように見える男が、わら人形のようなものをバッグに入れて階段を上っていく様子を撮影したものです。 神聖な木には深さ4センチの穴が2つ残っています。

神社の歴史は800年以上前にさかのぼります。 81歳の信徒代表の渋谷信夫氏は、「人々が健康を祈る場所に、このようなものを釘付けにするなんて考えられない」と語った。

2022年6月9日、千葉県松戸市で、別の神社で発見されたロシアのウラジーミル・プーチン大統領の顔をした麦わら人形が、彼の死を願って同封されたメモと一緒に見られます。

。神社の木に釘付けにされたプーチンのわら人形で逮捕された日本人男性
Source#神社の木に釘付けにされたプーチンのわら人形で逮捕された日本人男性

Leave a Comment