神戸はパンデミック前の規模のイベントで致命的な地震から28年を迎えます

西日本の神戸市は、火曜日に 6,434 人の命を奪ったマグニチュード 7.3 の地震の 28 周年を迎え、パンデミック前の規模で 3 年ぶりの式典が行われました。

1995 年 1 月 17 日、阪神淡路大震災が兵庫県港湾都市とその周辺地域を襲ったのと同じ午前 5 時 46 分、犠牲者の住民と家族は黙祷を捧げました。

2023年1月17日、阪神・淡路大震災から28年を迎える兵庫県神戸市の公園で提灯の横で祈る住民。 (木戸)

2021 年と 2022 年の追悼式典の規模が縮小または中止された後に行われた式典では、参加者は、災害の日付である「1995 年 1.17」と今年のメッセージである「むすぶ」を表す数千本のろうそくに火を灯しました。縛られる。 一緒。

パンデミックの影響下で、神戸市中央区の公園、東遊園地での記念行事では、通常規模のイベントの約半分の数のろうそくが使用されました。 今年の夜明け前のイベントでは、記念日を記念して約 10,000 個の竹と提灯が灯されました。

2023年1月17日早朝、兵庫県西宮市で28年前の阪神淡路大震災で動かなくなった時計の上に女性が花を供えている。 (経堂) == 経堂

震災で20歳の娘シノちゃんを亡くした上野雅志さんが、遺族を代表して公園で話した。 上野さんは、志乃さんが成人して間もない頃に亡くなった痛みと遺体を発見したときの衝撃を振り返り、「震災から学んだ教訓を生かしていかなければならない」と語った。

55 歳の森崎典子さんのような他の人たちは、災害で 900 人以上が死亡した神戸市長田地区の住民が開催した追悼イベントなどの地元のイベントに参加しました。 「コロナウイルスで記念イベントがなかったので、今日は待っていた」と彼は言った。

神戸市北区の実家が被災した竹内清子さん(50)は、「ここに住む人々が生活を立て直したことに感嘆の気持ちを込めて」祈りに来たと語った。

震災から約 30 年が経過し、近年は追悼活動が減少しており、市と住民は、震災から学んだ記憶と教訓を後世に伝えるという課題に直面しています。

2023年1月17日、兵庫県宝塚市の阪神淡路大震災の慰霊碑の前で祈る女性(共同)

神戸市の久本喜三市長は、地震発生時に生まれていない住民が増えていると指摘し、市は「震災の経験と教訓が風化しないように」取り組み、次世代に引き継いでいくと述べた.

兵庫県などが主催する記念行事で、兵庫県の齋藤元彦知事は「次の自然災害に備え、常に備えていかなければならない」と発言し、警戒の重要性を強調した。

松野官房長官は東京での記者会見で、阪神淡路大震災で得た知識と経験を「忠実に継承し、将来の災害発生時に総合的な対応を確保するために活用する」と述べた.

2023 年 1 月 16 日、兵庫県神戸市の公園で、西日本の都市とその周辺地域を襲った阪神淡路大震災の 28 周年を記念するイベントで、提灯に火を灯すとともに黙祷を捧げる人々。 6,000以上。 人。 (経堂) == 経堂

この地震は、日本の震度階で最大 7 を測定した最初の地震であり、国の気象庁は、この震度は、這わないと立つことも移動することも不可能になると述べました。

この強い地震により、倒壊した約 104,000 戸を含む約 640,000 戸の家屋が被害を受けました。 地震による被害の大きさは、国の災害対応と建設の耐震対策に変化をもたらしました。

災害による 6,434 人の死者に加えて、地震により約 44,000 人が負傷し、約 310,000 人が緊急避難所に避難することを余儀なくされました。


関連記事:

1923年の地震後の東京の復興を示す古い写真が最近見つかった

日本政府は防災訓練を実施、COVID-19 により縮小

福島原発都市は11年ぶりに避難指示を失う


神戸はパンデミック前の規模のイベントで致命的な地震から28年を迎えます

Source#神戸はパンデミック前の規模のイベントで致命的な地震から28年を迎えます

Leave a Comment