神戸での銃撃で負傷したヤクザのボス-TokyoReporter

兵庫県警は、兵庫県警が神戸市での銃撃でヤクザ族長が負傷した後、捜査を開始したとフジニュースネットワークが報じた(8月6日)。

警察によると、被害者は神戸山口組に所属する暴力団の67歳のボス。

午前10時30分ごろ、兵庫県三石通エリアで車に乗り込もうとしたガンマンが、お尻の首長を殴り、発砲した。

銃撃者はそれから逃げました。 警察によると、首長は軽傷とみなされる負傷を負った。

事件は首長が彼の住居を去った後に起こった。 目撃者によると、その後、オートバイと乗用車が現場から逃げ出した。

「バイクの男は茶色のジャケットを着ていました。 暑いのになぜダウンジャケットを着ているのかと思ったのですが、本当に印象に残りました」と証人は語った。

木曜日に神戸市で薬座長が撃たれた(ツイッター)

2年前、神戸の商店街でライバルの山口組組合員に同じ上司が刺された。

警察によると、首長は肩と臀部に負傷を負った。

警察は、今回の事件は神戸山口組と山口組の間で進行中の紛争に関連している可能性があると考えています。 この事件は殺人未遂として扱われている。

神戸での銃撃で負傷したヤクザのボス-TokyoReporter

Source#神戸での銃撃で負傷したヤクザのボスTokyoReporter

Leave a Comment