破産のための古典的な日本のオーディオブランドOnkyoファイル

日本のオーディオ機器メーカーであるオンキヨーホームエンターテインメントは金曜日に大阪地方裁判所に破産を申請し、負債総額は約31億円(2400万ドル)でした。

大阪を拠点とする同社は8月に上場廃止となった。 かつてはオンキョウのコアビジネスだったコンパクトステレオシステムのようなオーディオ機器から、ストリーミングサービス用のスマートフォンのような機器へとユーザーがシフトするにつれて、人々の音楽の聴き方の変化に追いつくことができませんでした。

他ブランドのスピーカーの組み立てなど、オリジナル機器の製造を担当したOnkyoの2つの子会社と、3月に自主破産を申請したオーディオ機器の販売代理店。

それ以来、オンキヨーは、すでに売却された子会社の経営を除いて、本質的に事業を停止しました。 同社は日経に「事業の小規模化を図ったが、キャッシュフロー問題の悪化を食い止めることはできなかった」と語った。

1946年に設立されたOnkyoは、スピーカー、ターンテーブル、ステレオレシーバーの一般的な名前としてオーディオブームをサポートしました。 しかし、AppleのモバイルオーディオプレーヤーiPodとスマートフォンが普及するにつれて、市場は2000年代に変化しました。 ステレオセットなどのアナログオーディオ機器の市場の縮小により、収益は着実に減少しました。

老のその決定『オンキヨーホームゲーム』倒産しました。愛好家が回るるませんめ定評がありまし。を断念した。-ANNnewsCH







破産のための古典的な日本のオーディオブランドOnkyoファイル
Source#破産のための古典的な日本のオーディオブランドOnkyoファイル

Leave a Comment