男性の症例が増加する中、日本の自殺率は2022年に上昇する

東京1月20日(新華社) – 日本の自殺率は、13年ぶりに男性の自殺率が上昇したため、2022年に前年比で上昇した、と政府は木曜日の報告書で述べた。

保健省によると、2022 年の自殺者数は 21,584 人で、前年より 577 人多く、年間死亡者数の 14,543 人は男性で、前年より 604 人多い。

予備データによると、前年に自殺した女性の総数は 7,041 人で、前年より 27 人少なかった。 ただし、その数は COVID-19 のパンデミック前に見られたレベルを大幅に上回ったままでした。

同省のデータによると、日本の自殺者数は2019年まで10年連続で着実に減少しているが、2020年に世界的大流行が始まって以来、コースが逆転し、比較的高いままである.

同省はまた、学齢期の子供の自殺は2022年に3件減少し、合計441件になったと述べた。 …読み続けます

1 月 20 日 (ANNnewsCH) – 昨年 21,584 人が自殺し、13 年ぶりに男性の自殺が前年比で増加しました。 …読み続けます


教育ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

男性の症例が増加する中、日本の自殺率は2022年に上昇する

Source#男性の症例が増加する中日本の自殺率は2022年に上昇する

Leave a Comment