猛暑が西日本、東日本を襲い続けている

進行中の熱波は水曜日に西日本から東日本の広い地域を襲っており、東京近郊のいくつかの都市では水銀が摂氏39度に達しています。 当局は、熱中症に対して十分な予防策を講じるよう人々に促しています。

気象庁によると、西日本から東日本にかけて猛暑が続いています。

午後 1 時 30 分時点で、東京に近い埼玉県越谷市で 39 度、三重県桑名市で 38.9 度、東京都心で 36.1 度に達しました。

南は沖縄地方から東日本は関東甲信地方にかけて熱中症注意報が発令されました。

熱中症の疑いで病院に運ばれる人が増えています。

当局は、不要不急の外出や日中の運動を控えるよう呼びかけています。 また、必要に応じてエアコンを使用し、水分を補給するよう呼びかけています。

当局は、高齢者は暑さに弱い傾向があり、熱中症になりやすいと警告しています。 家族や地域の人々は、エアコンを適切に使用するようにアドバイスすることが奨励されています。

Aug 03 (ANNnewsCH) – 2日も、山梨の甲府や、埼玉の越谷で39.5℃を記録するなど、危険な暑さとなった日涬読み


旅行ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

猛暑が西日本、東日本を襲い続けている
Source#猛暑が西日本東日本を襲い続けている

Leave a Comment