犬は飼い主との再会に喜びの涙を流す:研究

日本の研究チームによる最近の研究によると、犬は愛する飼い主と数時間離れた後、再会するときに喜びの涙を流します。

動物は目を守るために涙を流すことが知られているが、犬が感情的な反応として泣くことも確認されたのはこれが初めてであると、研究に貢献した日本の麻布大学の動物行動学助教授である長澤美穂は述べた。 .

日付のない写真は、実験で飼い主と再会している犬を示しています。 (提供:もみの木動物病院 村田かおり)(共同)

科学雑誌Current Biologyに掲載された結果によると、犬の涙の量は、飼い主に会った後に興奮したときに、一般に「愛情ホルモン」と呼ばれるオキシトシンの産生により増加する可能性が高い.

「目は人間にとって重要であり、泣く犬に愛情を示すようになった」と神奈川県の大学の長澤氏は語った.

「犬は長い家畜化の歴史の中で泣く能力を獲得した結果、種を超えて犬と親密な関係を築いてきたようです」と彼女は付け加えた。

18匹の犬が飼い主から5〜7時間離れていた実験では、犬の涙の量は、引き離される前よりも再会した後の方が約10%多いことがわかりました.

犬が飼い主ではない22人とペアになった場合、同じことは起こりませんでした.

また、犬にオキシトシンを含む点眼薬を与えると、涙が増えることがわかりました。

点眼薬を投与される前後の犬の写真を75人に見せた別の実験では、参加者は涙目の犬の世話をしたいという強い衝動を経験した.


関連記事:

パラリンピック: 盲導犬ライリー オーストリアのエドリンガーの秘密兵器

犬の調教師が「うんちポスト」を設置して、街をペットフレンドリーに

パンデミックがペットの犬の行動に変化をもたらす、調査結果


.犬は飼い主との再会に喜びの涙を流す:研究
Source#犬は飼い主との再会に喜びの涙を流す研究

Leave a Comment