特注の稲作でブランドの名声を築く酒蔵

海外でライスワインの人気が急上昇する中、日本の醸造業者は、地元の穀物を使用して独自の米を栽培することで注目を集めています。

酒蔵は通常、全国の農家から原料米を調達するため、異例の変化だ。 7月上旬、愛知県岡崎市郊外の神水(かんずい)と呼ばれる山間部の田んぼで、柴田酒造の従業員が手で雑草を取り除いた。

2022年7月6日、愛知県岡崎市で隣接する田んぼの水田の雑草を取り除くシバタブルワリー副社長のシバタユキさん(右)と、酒蔵で稲作を担当するイケルアキヒロさん(共同) )

創業190年を超える酒造「鴻の司」で知られる新発田酒造は昨年、後継者のいない高齢農家の命を受け、近隣の田んぼで田んぼの耕作を始めた。 愛知県が開発した酒造専用の酒米「夢山水」を栽培。

課題は、農薬を使用しない完全な有機作物を生産することであると、醸造所で稲作を担当するイケル・アキヒロさん (31) は語った。 それは「生態系と互換性がある」べきだと彼は言った。

昨年の米作は、カメムシや雑草の影響を受けました。 そこで今シーズンからイケルでは苗木の栽培を開始し、移植のタイミングを慎重に調整して被害を減らし、米の収量を増やします。

オタマジャクシ、トンボの幼虫、その他の生物が水田を占めています。 オタマジャクシがカエルに成長するのに十分な時間を与えるために、農作業は意図的に行われます。 水田に生息する昆虫などの有用生物が5倍に増え、厄介なカメムシをクモが食べてしまう。

シバタブルワリーは、約2,000平方メートルの水田を栽培しています。 昨年秋に収穫された初米の夢山水を使用し、白ワインのようなすっきりとした奥深い味わいと複雑味を併せ持つ試飲酒を造りました。

2022年7月6日、愛知県岡崎市で清酒の仕込み作業を行う柴田酒造の杜氏・伊藤静香さん(共同)

柴田酒造の伊藤静香杜氏(43)は「米の特徴に合った最高の酒を造りたい」と話した。

新発田酒造は今年、地元の農家と協力して米の生産量を増やし、2023年には約2,000本の720ミリリットル瓶を市場に出す計画だ.

副社長の柴田祐樹さん(32)は「ここでしか造れない最高の酒を造りたい。

フランスのワインには、指定された品種のブドウを使用する必要があるなど、その地域で製品がどのように生産されるかを厳密に規定する原産地呼称または規制地理的表示システムがあります。

一方で、酒造業者は日本以外の地域から原料米を調達するのが一般的です。 兵庫県の「山田錦」や岡山県の「雄町」など人気の銘柄米を全国の酒蔵が仕入れています。

しかし、海外での日本酒人気の高まりに伴い、蔵元は特に厳選し、拡大する顧客層の注目を集めるために自家栽培を始めています.

新潟県糸魚川市根谷地区にある渡辺酒造は、2003年から酒米の栽培を始めました。伝統ある「根知男山」と「根地」のブランドは、それぞれ国内外で多くの賞を受賞しています。

1868年創業の蔵元は、2010年世界最大のワインコンクール「日本酒」部門で優勝。 Nechi ブランドの国際的な魅力を反映して、海外では 720ml のボトルが 120,000 円 (880 ドル) で販売されていました。

渡辺酒造社長の渡辺芳樹さん(61)は「醸造技術の競争が非常に激しく、個性が出にくくなっている。 また、新発田酒造の稲作と酒造りを一体にするという新しい取り組みを高く評価。

2022年7月6日、愛知県岡崎市の柴田酒造さん(共同)

.特注の稲作でブランドの名声を築く酒蔵
Source#特注の稲作でブランドの名声を築く酒蔵

Leave a Comment