照ノ富士春雄が新星琴ノ若を手渡し4日目1敗

唯一の横綱照ノ富士は水曜日に3連勝を達成し、新星琴ノ若の夏の大相撲への無敗のスタートを決定的に終わらせました。

2位の前頭琴ノ若は4日目の最終戦で国技館で3つの大関をすべて倒したが、体力が疑わしいグランドチャンピオンと対戦した。

3月に早期撤退を余儀なくされた膝と足首の怪我から戻った照ノ富士春雄(3-1)は、元関脇琴ノ若の息子と同名の人、故横綱琴櫻の孫を打ち負かし、健康に関するいくつかの質問に答えた。

モンゴル生まれの横綱は爆発的なオープニングチャージで優勢を握り、右腕を内側に、左腕を外側に琴ノ若のベルトに乗せた。 24歳の大国は、そこから追い出されることに抵抗するためにほとんど何もすることができませんでした。

照ノ富士春雄(左)が2022年5月11日に東京の国技館で開催された夏の大相撲の4日目に琴ノ若を破る(京道)

3人のランクアンドファイルレスラー(No.5とびざる、No.11碧山、No.15一山本)が4-0でリードを共有しています。

3人の大関全員がサブパースタートを切った後、貴景勝光信、御嶽海、御嶽海のトリオ全員が15日間の大会で初めて同じ日に勝利しました。

貴景勝光信は、同部門の他のアセンダントタレントの1人であるモンゴル小結豊昇龍智勝に対して待望の勝利を収め、その結果、両レスラーは2-2で敗れた。

2度の天皇杯優勝者は豊昇龍智勝をベルトから外し、22歳の横綱朝青龍の甥を両手で突き刺した。

困惑した正大(1-3)は、1位の高安を倒して初勝利を収めた。 庄台は高安(1-3)に追い込まれ、元大関を振り回して押し出した。

御嶽海(2-2)は、端に追いやられて頑固にぶら下がったモンゴル第2霧馬山に対して、アームロックスローで勝利した。 大関は前頭からの元気な反撃に耐えなければならず、リングを横切って数歩後退することを余儀なくされた後、勝利の動きを実行しました。

1日目に照ノ富士春雄を怒らせた小結大栄翔(3-1)は、3月のグランドトーナメントのチャンピオンである関脇若隆景渫(2-2)の形で別の有名な犠牲者を主張した。

元関脇大栄翔は、若隆景渫を平手打ちする前に、強力な突っ込み攻撃でブロックから飛び出しました。

もう1つの関脇、アビは、4番遠藤(1-3)を押し出すことで3-1に改善した。


関連する報道:

相撲:琴ノ若は3日連続で大関を破ってリードを維持

相撲:東京大学の見習い須山が初の前相撲でキャリアをスタート

相撲:照ノ富士は動揺からリバウンドし、2日目に高安を破る


。照ノ富士春雄が新星琴ノ若を手渡し4日目1敗
Source#照ノ富士春雄が新星琴ノ若を手渡し4日目1敗

Leave a Comment