照ノ富士春雄がアビを破り、1日でタイトルを締めくくる

横綱照ノ富士は、土曜日に行われた第15位の新進気鋭の前頭アビによる精力的な努力に耐え、九州大相撲選手権のチャンピオンシップを1日余裕を持って確保しました。

モンゴル生まれのタイタンは、第1ディビジョン復帰時に予想外の王冠入札を行っていたタイトルチャレンジャーのアビに限界に追い込まれた後、福岡国際センターで14-0と乗り越えられなかった。

グランドチャンピオンの照ノ富士(R)は、2021年11月27日に福岡県福岡国際センターで開催された九州大相撲の14日目に、アビに勝利し、6回目のキャリア1部タイトルを獲得しました。 (共同通信)==共同通信

最後から2日目の勝利により、照ノ富士は元コムスビアビと大関貴景勝光信(12-2)に2勝のバッファーを与え、29歳の天皇杯2年連続と引退以来の最初のカップを獲得しました。唯一の相撲。 偉大なアクティブチャンピオン。

「照ノ富士は最高でした」と日本相撲協会の八角会長は語った。 「唯一の横綱になるのはかなり難しいと思います。今年が最高の方法で終わることを願っています。」

2020年7月にコロナウイルスの安全規則に違反したとして3トーナメントが禁止されて以来、初めてプレミア部門で戦ったアビは、金曜日に2番目に結びついた貴景勝光信を追放することで彼の資格を提供しました。

しかし、アビは彼の巨人を殺すファッションを続けることができませんでした。彼は今や6回のグランドトーナメント優勝者に対して、初めて完璧な15-0の記録で終わりを迎えようとしています。

アビはブロックから出て、照ノ富士を頭と上半身への強力な推力の組み合わせでストローにバックトラックさせました。

アビ(R)は、2021年11月27日に福岡県福岡国際センター(京都)で開催された九州大相撲の14日目に、偉大なチャンピオンの照ノ富士に挑戦します。

リングのすぐ内側で片足でバランスを取りながら、照ノ富士はセンターに戻り、相手を砂の表面に押し出すと、信じられないほどの強さと落ち着きを見せました。

「ほっとしました。違う気持ちで大会に来ました。でも、いつものように準備しながら、同じことをしました」と照ノ富士は語った。

「いつも自分の相撲をやってみようと思っています。土俵に乗ったら、勝つだけです。」

最近の5つのトーナメントのうち4つで優勝した照ノ富士は、幕内のエリート部門を支配するためのオッズに逆らいました。 強力に構築された戦闘機は、複数の膝の手術を含む衰弱させる健康問題のために急落した後、引退する運命にあるように見えました。

2019年3月に第5層城二段からの復帰を開始し、2020年7月の最下位17位から幕内に復帰した。

「私が下位部門に降格したとき、私は毎日精神的に強いままでいることがいかに重要であるかを発見しました」と照ノ富士は言いました。

数学的にタイトルコンテストで唯一の他のファイターとしてこの日をスタートした貴景勝光信(12-2)は、チームメイトの大関商大(9-5)との最後から2番目の戦いに勝利し、一時的にレースに残りました。

2度のグランドトーナメント優勝者は、オープニングクラッシュを最大限に活用し、前足にとどまり、正大がベルトを掴んで退場させようとしたことを否定しました。

関脇御嶽海は、耐久性のあるモンゴルの6番玉鷲一(9-5)を叩き、激しく衝突した後、クレイに送り、10-4に進んだ。

すでに負けた記録を残している関脇名星は、スリル満点の7番浦(10-4)を6-8に押し上げ、12番北勝富士は強力なキャンペーンを続け、逸ノ城駿三郎(5-9)を破って勝利した。 。 怪我を負った9月のトーナメントの後の彼の10回目の戦いでは、彼はたった2勝を主張しました。


関連する報道:

相撲:照ノ富士は完璧なままで、アビは13日目に貴景勝光信を気絶させます

相撲:照ノ富士春雄が明星を破り、12日目は唯一のリーダーであり続ける

相撲:照ノ富士春雄は一ノ城を抜いて11日目で唯一のリーダーシップを維持


。照ノ富士春雄がアビを破り、1日でタイトルを締めくくる

Source#照ノ富士春雄がアビを破り1日でタイトルを締めくくる

Leave a Comment