照ノ富士は飛猿を破り、9日目は1勝差を維持

孤独な横綱照ノ富士は、月曜日の夏の大相撲で、ランクとファイルの対戦相手であるトビザルを圧倒することで、トップパックと歩調を合わせました。

モンゴル生まれのグランドチャンピオンは、国技館での9日目の最後の試合で5番の前頭とびざる(5-4)を押し出し、野蛮な力を使って相手を拾い上げて端に置き、6-3に改善しました。

照ノ富士(L)は、2022年5月16日に東京の国技館で開催された夏の大相撲の9日目にトビザルを破りました。 (共同通信)

照ノ富士春雄は、15日間の第4隆の勝伸明戦で3回目の敗北を喫した翌日、トビザルのオープニングアタックが勢いを失うまで辛抱強く待った後、前頭を腕の力を抜いてロープの反対側に持ち上げた。

3月のトーナメントからの早期撤退を促した膝と足首の怪我から戻った照ノ富士は、2020年7月以来5つのエンペラーズカップを集めた支配的なレスラーを垣間見ることができました。

隆の勝伸明と他の3人のランクアンドファイラー(No.11碧山、No.12定之美、No.15一山本)から1勝を挙げており、7-2で首位に立っています。

元関脇隆の勝伸明は、大関御嶽海(4-5)を吹き飛ばして、横綱の下の3つのエリート「三役」ランクに戻るための彼の入札を強化しました。 No. 4はオープニングの衝突に勝ち、素早いフォースアウトに向かう途中で何の根拠も与えませんでした。

「私は今、精神的に良い場所にいます」と隆の勝伸明は言いました。 「私は7-2にいますが、まだ優勝記録を獲得していないので、それが私の次の目標です。」

他の4人のレスラーが6-3でリーダーボードの2回目の実行を共有します。 小結豊昇龍智勝、霧馬山2位、玉鷲3位が首位から4位遠藤(4-5)に敗れた。

注目株の豊昇龍智勝は、1位の高安をテイクダウンし、卓越した格闘技を披露した。

モンゴルの偉大な朝青龍の22歳の甥は、元大関高安(2-7)がジャンプから前方に突進することを許可し、彼をアームバースローに誘い込みました。

元小結霧馬山は、照ノ富士を含むここで数人の上位の敵を打ち負かした大栄翔(5-4)の現在のランクの保持者の1人を押し出しました。

3月のトーナメントのチャンピオンである関脇若隆景渫は、大関貴景勝光信(5-4)を平手打ちすることで4-5に向上しました。

若隆景渫はすべりそうになった後、素早いフットワークで貴景勝光信の隙間を埋め、強力なプッシャースラスターが彼の好みの攻撃に向かわないようにしました。 貴景勝光信がトラブルから抜け出そうとしたとき、若隆景渫は開口部をつかみ、充電中の大関を平手打ちした。

「失望した走りにもかかわらず、集中力を維持しようとしているだけだ」と若隆景渫は語った。 「私は毎日それを取ろうとしています。」

負けた記録を食い止めるために戦った、悩まされていた大関商大(3-6)は、関脇あび(5-4)に対して、これまでで最も印象的な大会の勝利を記録しました。

単一の天皇杯の勝者は強力なオープニングヒットをもたらし、前の3つのトーナメントのうちの2つで特別な入賞者であるアビに対して説得力のある勝利へと彼の道を押し進めました。

==共同通信

。照ノ富士は飛猿を破り、9日目は1勝差を維持
Source#照ノ富士は飛猿を破り9日目は1勝差を維持

Leave a Comment