照ノ富士は隆の勝に敗れた後、第7回天皇杯を上げる

孤独な横綱照ノ富士は、日曜日の夏の大相撲で7回目の皇帝杯を制し、共同夜通しのリーダーである第4前頭高野庄が第12佐田の海に敗れた後、大関御嶽海を破った。

モンゴル生まれのグランドチャンピオンは、国技館での15日間の大会を、7試合無敗で締めくくり、隆の勝伸明、佐田の海貴、小結大栄翔を1勝して12-3で終了しました。

横綱照ノ富士(正面カメラ)は、2022年5月22日に東京の国技館で開催された夏の大相撲大会で優勝した後、日本相撲協会の会長である八角から優勝トロフィーを受け取りました。 (共同通信)==共同通信

トーナメントは、3つの大関すべての標準以下のパフォーマンスが特徴で、貴景勝光信は8-7で優勝記録を記録した唯一の選手でした。

照ノ富士は15日目の最後の試合で御嶽海(6-9)を手で扱い、ジャンプで彼を包み込み、力を抜いて勝利するために彼を端まで押しつぶした。

グランドチャンピオンの照ノ富士(L)は、2022年5月22日に東京の国技館で開催された夏の大相撲の最終日に大関御嶽海を破りました。 (共同通信)

「(トーナメントは)いつもより長く感じたと言わざるを得ない」と照ノ富士は語った。 「でも、結果に関係なく、15日連続で強い相撲をやろうと決心しました。」

初代トップディビジョンの王冠を追いかけた隆の勝伸明は、タイトル希望の佐田の海との戦いの最後のハードルに落ちた。

前の関脇は佐田の海を端まで追いやり、12番はベルトレスの腕投げで対抗し、相手を土俵から飛ばした。

隆の勝伸明は、トーナメントでの彼の努力により、彼の最初のキャリア優秀パフォーマンス賞を受賞しましたが、乙女選手権を彼の指にすり抜けさせた後、それは小さな慰めを与えるかもしれません。 13日目に関脇若隆景渫に敗れる前に、彼は完全なリードを握った。

「(最終日は)勝たなければならないと自分に言い聞かせたが、負けてしまったので、次の大会で本当に埋め合わせたい」と隆の勝伸明は語った。 「チャンピオンシップレースにはプレッシャーを感じました。初めてだったので、いい経験になったと思います。」

照ノ富士のチャンピオンシップは、彼の素晴らしいキャリアの中でもう1つの勝利の章を示しています。 ウランバートルの原住民は、両膝の外科的再建を含む主要な健康上の障害を克服し、2020年7月に相撲の第5層序二段部門からエリート幕内部門に戻った。

彼は、膝とかかとの怪我から戻った後、最新のトーナメントの早い段階で苦労し、3月に競技からの早期撤退を余儀なくされました。 しかし、8日目に隆の勝伸明に3度目の敗北を喫した後、彼はタイトルを締めくくるために力強く帰ってきました。

「トーナメントが始まる前は少し不安だったので、急いで良い結果が出たのかもしれませんが、途中で上手くなり始めました」と照ノ富士春雄は語った。

「私は横綱なので、良い結果を出す義務があると感じていたので、前回のトーナメントに本当にがっかりしました。それを埋め合わせたかったのです。」

貴景勝光信(8-7)は、相撲の2番目に高いランクから3番目の力士になることをかろうじて回避するために、仲間の大関商会(5-9)を破り、敗北記録で大会を終えました。

2度のグランドトーナメント優勝者は対戦相手を押し倒しましたが、リングサイドのジャッジが最初に出場しなかったことを確認するのを待たなければなりませんでした。

庄台も御嶽海も降格の危機に瀕した「門番」大関として7月のトーナメントに出場し、関脇への降格を避けるために、それぞれ少なくとも8勝を確保する必要があります。

元関脇大栄翔は、志摩ノ海航路8号(7-8)を破り、一時的に2度目のトップディビジョンタイトル獲得のキャンペーンを続けた。 大栄翔は彼の好む押しと突きの攻撃で地面を作ることができず、志摩ノ海を平手打ちした。

初日に照ノ富士を破った大栄翔は、5回目の優秀賞を受賞しました。

一方、35歳の佐田の海は、2度目のファイティングスピリット賞を受賞し、2014年5月以来初めて幕内部門に出場したトーナメント。

3月のトーナメント優勝者である若隆景渫は、7-8の記録で終了した後、降格に直面している仲間の関脇アビを押し出すことにより、9-6に改善しました。

アビは突っ込んだ攻撃で早い段階で着地したが、ペアがクリンチになった後、試合は若隆景渫に有利になり、彼は勝利への道を押し進めた。

小結豊昇龍智勝は、2番霧馬山(10-5)に対してねじれたオーバーアームスローに屈した後、8-7でフィニッシュした。 モンゴルの新星は、横綱より下の3つのエリート「三役」ランクの両方のトーナメントで優勝記録を獲得しています。


関連する報道:

相撲:照ノ富士春雄、隆の勝伸明は最終日に行き詰まりを続ける

相撲:照ノ富士、佐田の海がリードを奪うため、隆の勝伸明が敗れる

相撲:隆の勝伸明が唯一のリードを維持


。照ノ富士は隆の勝に敗れた後、第7回天皇杯を上げる
Source#照ノ富士は隆の勝に敗れた後第7回天皇杯を上げる

Leave a Comment