照ノ富士、貴景勝光信は9連勝を続けています

横綱照ノ富士春雄と大関貴景勝光信は、月曜日も九州大相撲で9連覇を達成し、完璧なキャリアを維持した。

45回のチャンピオンである白鵬翔の引退後、初めて古代スポーツで最高位を獲得した照ノ富士は、福岡の元大関高安(5-4)でトリッキーな相手を倒し、最高の請求に応えます。中心。

照ノ富士(R)は、2021年11月22日に福岡県福岡国際センター(京都)で開催された大九州相撲大会9日目に高安を破った。

モンゴル生まれの照ノ富士は、すぐに右ベルトを腕に固定し、5番の前頭を少しセーブした後、リングから押し出すことで大きな力を発揮し、高安と対戦して11対12になりました。

2019年3月に膝の怪我や病気で大関の2位から5位の城二段に転落した照ノ富士は、9月の秋の大会で新人横綱として優勝した後、6回目の天皇杯を目指しています。

貴景勝光信はまた、モンゴルの元偉大な朝青龍の甥である豊昇龍智勝(4-5)の頑固な抵抗を克服した後、彼の記録をそのまま維持しました。

貴景勝光信は左腕で豊昇龍をかわしたが、豊昇龍が右脇の下からベルトを素早く掴むのを見た。 しかし、大関は、列の粘り強いメンバーを上げられたリングから追い出す前に、左腕のロックショットですぐにそれを好転させました。

御嶽海(8-1)が関脇レスラーの戦いに勝利し、明星(4-5)が勝利記録を打ち立てた。

2度の1部優勝者は、アクション満載のエンカウンターで高架リングの反対側に押し戻される前に、明星を限界まで押し上げましたが、彼の位置を取り戻し、勝利への途中で2本のベルトをつかみました。

一方、尾関書台(5-4)は不規則な形を続け、4番遠藤(5-4)から平手打ちに落ちた。

No.15アビ(8-1)は、No.10千代大龍(5-4)を倒すタイミングが良かったため、エリート幕内部門に復帰して優勝記録を樹立しました。 元コムスビは、COVID-19プロトコルに違反したとして、昨年7月に3か月の停止を受けました。

「私は戦うことができるように感謝の気持ちを持ってすべての戦いに参加します」と彼は言いました。 「試合はまだ終わっていないので、一度に1試合ずつ取ります。」

No.6玉鷲一、No.7浦、No.12北勝富士は7-2に改善。

新コムスビ霧馬山(3-6)は1番若隆景渫(2-7)を太ももの内側にフックショットで落とし、もう1つのコムスビ、逸ノ城(3-6)は2番オノショ(3- 6)。


関連する報道:

相撲:照ノ富士春雄、貴景勝光信は8日目も首位で無敗のまま

相撲:照ノ富士春雄が妙義龍を破り、最初の週を無敗で終える

相撲:九州大会無敗のトリオの一人、照ノ富士


。照ノ富士、貴景勝光信は9連勝を続けています

Source#照ノ富士貴景勝光信は9連勝を続けています

Leave a Comment