無敗の関脇御嶽海が新年大会でソロリード

関脇御嶽海は土曜日の大晦日大会で7-0の記録でソロリードを奪うために簡単な勝利を収めました。

3連覇を狙う横綱照ノ富士春雄と6番前頭アビの2人は、東京国技館での15日間の試合で6-1の勝利を取り戻した。

御嶽海(L)は、2022年1月15日に東京の国技館で開催された15日間の大相撲の7日目に玉鷲を破りました。 (共同通信)

御嶽海は3度目のキャリアチャンピオンシップを追いかけ、早い段階で退場を余儀なくされたが、その過程でベテランNo.3玉鷲のベルトを握り、相手を押し戻し、2度目の敗北を余儀なくされた。

照ノ富士春雄に初敗をもたらした翌日、玉鷲一は御嶽海戦で29試合で26敗に終わった。

照ノ富士は、第3遠藤からの厳しい挑戦にもかかわらず、金曜日の敗北から立ち直った。 照ノ富士春雄は、これまでの大会よりも積極的に前進し、相手に待ち伏せされ、ベルトを掴んで左に回転し、横綱を横から押し出しそうになった。

しかし、遠藤は大きな相手を倒すことができず、最後の一押しのために体重を移動させた。 その時、照ノ富士は前頭の帯をつかんで回し、遠藤を藁に押し付けた。

アビは、2020年7月にコロナウイルスプロトコルに違反したために3トーナメントの停止から復帰して以来、最高の形で、彼の最初の敗北という形で彼の無謀な攻撃の代償を払い、5位の阿武咲奎(5-2)に落ちました。

2人が最初の突き棒と平手打ちを交換したとき、アビは押しました。 しかし、阿武咲奎が喉への打撃から反発したとき、アビは自分があまりにも前に傾いていることに気づきました。 彼はバランスを失い、ストローに倒されました。

尾関商大(3-4)は、4番隠岐の海(2-5)に退場させられ、3連敗を喫した。

2021年の新年チャンピオンである小結大栄翔(3-4)は、トリッキーなNo. 1若隆景渫(2-5)を、執拗な喉の突き出しで打ち負かしました。 関脇隆の勝伸明(4-3)は、突進している小結名星(3-4)を打ち負かし、倒した。

群衆を喜ばせる第2浦(3-4)は、他の対戦相手、今回は第4北勝富士(3-4)を上回りました。 二人がバランスの取れた姿勢で立ち往生した状態で、浦は北勝富士の左足を右手で持ち上げ、バランスを崩して押し出すことで行き詰まりを打破した。

元大関栃ノ心は3-4に改善し、ジョージ王朝時代の15番は、珍しい「ウチャリ」ピボットスローバックの犠牲になりそうになりました。 わら俵に立ったNo.10妙義龍(4-3)は、右肩に突っ込んでいた1.91mの相手を後ろに倒して持ち上げた。

「ウッチャリを試してみようと思ったのですが、ラッキーでした」と栃ノ心は語った。

照ノ富士春雄が遠藤(共同通信)を破る

。無敗の関脇御嶽海が新年大会でソロリード

Source#無敗の関脇御嶽海が新年大会でソロリード

Leave a Comment