無人飛行のために日本の着陸船を搭載した月面ロケットが離陸

米国の宇宙機関は、アルテミス月探査プロジェクトの枠組みで宇宙飛行士との将来の飛行を目標にしているため、水曜日にNASAのメガロケットによって打ち上げられた後、月の周りを飛んで地球に戻るために無人の米国の宇宙船が成功裏に打ち上げられました。

NASA によると、フロリダ州のケネディ宇宙センターから午前 1 時 47 分に打ち上げられたオリオン宇宙船は、日本の月着陸船を含む小型装置と共にロケットの上部に搭載され、ロケットから分離することに成功しました。

米国航空宇宙局の管理者であるビル・ネルソン氏は記者会見で、「今夜見たものから、それはA-plusだと言わざるを得ない」と語った.

写真は、2022 年 11 月 16 日にフロリダ州のケネディ宇宙センターから打ち上げられた、無人のオリオン宇宙船を搭載したスペース ローンチ システム ロケットです。 (写真提供: NASA)(共同)


関連記事:

日本は11月16日に世界最小の月面着陸船を宇宙に送り出す

宇宙ステーションの完成が近づく中、中国は実験モジュールを打ち上げる

日本のイプシロンロケット打ち上げ失敗、自爆指令出される


ロケットはまた、実験や技術実証のために途中で展開される靴箱サイズのデバイスを10個搭載したユニットを搭載していました。 それらには日本からの2機、おもてなしとEquuleusが含まれ、前者は世界最小の月面着陸船として宣伝されています。

宇宙航空研究開発機構は、長さ11センチ、幅24センチ、高さ37センチのおもてなし着陸船が、月面に着陸する日本初の探査機として成功することを期待していると語った.

着陸船は、月に打ち上げられた後、時速 180 キロメートルの速度で月面に移動します。 JAXA は、ミッションの成功確率を 60% と見積もっていると述べた。

もう一つの日本の装置、Equuleus ミニサテライトは、月の裏側に向かいます。

オリオンとその他の装置は、NASA が世界で最も強力なロケットであると言うスペース ローンチ システムと呼ばれる 98 メートルのロケットによって打ち上げられました。

無人宇宙船は、地球から 45 万キロ離れたところまで運ばれ、これまで人間のために作られたどの宇宙船よりも遠くまで飛行します。

オリオン座は、月を周回した後、12月11日に太平洋に落ちると予想されています。

最新の開発は、エンジン冷却の問題やその他の技術的な問題により、NASA が 8 月と 9 月に打ち上げの試みをキャンセルした後に行われました。

日本とヨーロッパの宇宙機関も関与するアルテミス計画の下で、NASAは、1972年の最後のアポロ計画の終了以来、初めてアメリカの宇宙飛行士を月に帰還させ、そこに長期的な存在を確立することに取り組んでいます.

無人飛行試験は、計画されている一連のアルテミス ミッションの最初のものであり、2024 年に向けて、最初の有人飛行の前に、安全な再突入、降下、着水、および回収を確実にすることを主な目標としています。

NASA は、早ければ 2025 年に人類を月面に送ることを望んでおり、オリオンの試験飛行やその他のプログラムは、将来の火星への宇宙飛行士ミッションの出発点として機能することが期待されています。

米国と日本は宇宙での協力を深めており、今年初め、アルテミス計画の一環として日本人宇宙飛行士の月面着陸を実現するという「共通の野心」を確認しました。

無人飛行のために日本の着陸船を搭載した月面ロケットが離陸

Source#無人飛行のために日本の着陸船を搭載した月面ロケットが離陸

Leave a Comment