温泉業界は男女混合入浴の維持に努めています

温泉や男女混合入浴施設のある温泉地は、見知らぬ人とのひと泳ぎをすることを顧客がますます控えめになっているため、最近はピンチを感じています。

この傾向に対抗するために、多くのそのような施設は、水を飲むときに常連客が部分的に覆い隠すことを要求し始めました。それが人々を混合共同プールに戻すように説得するのに役立つことを願っています。

顧客マナーの低下は、こにょくが好意を失った理由のひとつです。

業界関係者は、「入浴服の使用を奨励することで、世代や性別を問わず、再び金玉文化を楽しむことができるよう、人々の不安が和らぐことを期待している」と語った。

青森の酸ヶ湯温泉リゾートは、国内で最も降雪量の多い地域にあり、1月下旬に「ひば川湯温泉」の金玉温泉に老若男女が楽しく浸かりました。

男性は膝丈のズボンを着用し、女性は同様の下半分のカバーとノースリーブのトップスを着用しました。 「簡単に言えば、目がくらむ心配はありません」と千葉県出身の20代の女性。 「ただのんびりと温泉を楽しむことができます。」

酸ヶ湯温泉は現在、朝晩は女性専用の入浴時間です。 しかし、誰もが楽しめる男女混合の入浴空間を目指して、最近では、時間に関係なく、より多くの人が訪れるかどうかを確認するために、入浴服を着てもらうようになりました。 顧客が実験に前向きに反応した場合、施設はそのアイデアを恒久的に採用することを検討する可能性があります。







温泉業界は男女混合入浴の維持に努めています
Source#温泉業界は男女混合入浴の維持に努めています

Leave a Comment