渋谷で刃物襲撃事件で逮捕された少女は「死刑」を望んでいた

東京都渋谷区でナイフを使った無差別攻撃で逮捕された10代の少女は、「死刑を求めて」出会った2人を刺したと述べた、と警察は日曜日に述べた。

土曜日に殺人未遂の疑いでその場で逮捕された少女は、東京の北にある埼玉県戸田市の15歳の中学生であると特定されました. 未成年なので名前は伏せてあります。

少女は、午後7時20分ごろ、渋谷駅近くの渋谷区円山町の路上で、53歳の女性とその娘(19)を後ろから包丁で刺した疑いが持たれている。

写真は2022年8月20日東京都渋谷区で母娘刺殺事件現場付近=共同撮影


関連記事:

東京・渋谷で母親と娘を刺し、少女を逮捕


警視庁は、少女が襲撃時に所持していた刃物3本を押収した。

警察によると、母娘は全治3カ月以上の重傷を負い、娘は背中に10センチ以上の刺し傷を負った。

警察によると、少女は攻撃が家庭や学校でのトラブルに関連していることを否定した. 彼女は自宅から襲撃現場に向かった。

目撃者は共同通信に対し、少女が警官に押さえつけられた時、ナイフが散らばったまま静かに泣いていたと語った。 血のついたズボンとTシャツを着た少女は「黒髪で若く見えた」と28歳の男性は語った。

.渋谷で刃物襲撃事件で逮捕された少女は「死刑」を望んでいた
Source#渋谷で刃物襲撃事件で逮捕された少女は死刑を望んでいた

Leave a Comment