深海ダイバーが沈没した北海道遊覧船内を探索する準備をする

先月知床半島で沈没した遊覧船の捜索に備えて、深海で働く訓練を受けたダイバーを乗せた船が北海道東部の港に到着し、14人が死亡、12人が行方不明となった。

船は水曜日の午後遅くに網走港を出発する予定であり、ダイバーは、木曜日には、難破船の中にある可能性のある遺体を探すために、水面下約120メートルにある19トンのカズI内を捜索し始めると予想されています。

水中ドローンはすでにその目的で使用されていますが、行方不明者は内部で見つかりませんでした。

2022年5月17日に撮影された写真は、北海道の知床半島から4月に26人が乗船した観光船を調査するという使命に先立って、北海道の最北端の日本本島にある網走の港で作業船(R)を示しています。 23.(kyodo)== kyodo

ダイバーは、飽和潜水と呼ばれる特別なテクニックを試します。このテクニックでは、酸素とヘリウムの混合物を吸収して、作業する深さの水圧のレベルに体を調整できるようにします。

運輸省の北海道支局は火曜日にシャリの町で4人の遊覧船オペレーターの安全慣行をチェックするために現地視察を行った。 不運な遊覧船はそこに拠点を置いていました。

同省は、同社の社長である葛田誠一氏の聴聞会を含め、船の運航者であるユランセン・シレトコ氏の特別監査をすでに実施している。

葛田は事務所のオペレーションマネージャーとして働く必要があったが、事故が起こったとき彼は外出していた。 運航管理者補佐は、運航管理者が不在の場合、事務所から艇に連絡することになっていた。

しかし、大統領は、船の船長である豊田典之が唯一の副長官であると省に語った、と省当局者は立憲民主党とのヒアリングの間に火曜日に言った。

海上保安庁のボートは海上で行方不明者を捜索し続け、警察は半島の南の地域に陸地での捜索を拡大しました。

ツアーボートは、遭難信号を発したとき、24人の乗客と2人の乗組員を乗せていましたが、荒天の予報にもかかわらず、シャリのウトロ港を出港し、風光明媚な半島を観光した後、4月23日に姿を消しました。


関連する報道:

係争中の島で発見された沈没船の人の遺体

日本は係争中の島から沈没したボートから行方不明を探し続けています

係争中の島に拡張された沈没船で行方不明者を捜索


。深海ダイバーが沈没した北海道遊覧船内を探索する準備をする
Source#深海ダイバーが沈没した北海道遊覧船内を探索する準備をする

Leave a Comment