沖縄は首相に重要な記念日までに米国の基地移転計画を破棄するよう要請する

沖縄県玉城デニー首相は火曜日、岸田文雄首相と会談し、日本への帰国50周年の数日前に、米空軍基地を南部県内に移転するという物議を醸す計画を破棄するよう求めた。

知事は岸田に首相官邸で一連の提案を手渡した。それはまた、日本における米軍とその職員の権利を定義する数十年前の協定が見直されるべきであると述べた。

沖縄県玉城デニーは2022年5月10日に東京の記者と話します。(京堂)

日曜日の記念日を前に、玉城氏は東京を訪れ、中央政府に「対話を通じて問題を解決する方法を模索する」よう求めた、と彼は会談後に記者団に語った。

岸田文雄氏は、政府は「(地元住民の)気持ちを真摯に受け止め、提案を読む」ことを約束しつつ、米軍基地をホストするという沖縄の負担を軽減するための努力を続けると述べたと述べた。

日米政府は、米海兵隊飛行場風天間を宜野湾の混雑した住宅地から、沖縄本島の辺野古の人口の少ない沿岸地帯に移動することに合意しました。

しかし、長期にわたる計画は、すでに日本に米軍施設の大部分を収容している県外に基地を移転することを望んでいる多くの地元住民からの強い反対に直面している。

移転のアイデアは、フテンマ基地が使用していた土地の返還に関する1996年の日米協定にまでさかのぼります。

県によると、沖縄は日本の米軍基地が占める土地の70.3%を占めており、米国の支配下から日本に返還された1972年の58.8%から増加した。

県政府が土曜日に発表した最新の提案では、日米地位協定の抜本的な見直しも求められた。

多くの住民は、1960年の合意を、犯罪や事故の繰り返しに直面して、違法行為に関与している場合、米国の軍人と民間の基地労働者を過度に保護していると見なしています。

新しい文書は、1971年に琉球政府が軍事基地のない平和な島を作ることを求めてまとめた提案に基づいて作成されました。

。沖縄は首相に重要な記念日までに米国の基地移転計画を破棄するよう要請する
Source#沖縄は首相に重要な記念日までに米国の基地移転計画を破棄するよう要請する

Leave a Comment