沖縄は基地が荒れ狂うとして米国の支配からの復帰から50年をマークします

沖縄の南島県は、数十年にわたる抗議にもかかわらず、地域経済の低迷と米軍基地の継続的な存在に対する住民の不満が続いているため、米国の支配から日本に復帰してから50年を迎えました。

島の主要な米軍基地の近くで開催された記念式典で、知事。 玉城デニー氏は、沖縄を「平和の島」にするための「誠実な努力」を中央政府に求め、復帰時の相互の目標は未だ達成されていないと述べた。

日本の今上天皇徳皇帝(画面に表示)は、2022年5月15日に沖縄県宜野湾市で開催された南県の米国からの日本への復帰50周年を記念する式典に事実上出席します。 (kyodo)== kyodo


関連する報道:

Q&A:米国統治からの復帰50周年の沖縄


岸田文雄首相は、2022年5月15日、沖縄県が宜野湾市で米国統治から日本に復帰してから50周年を迎える式典でスピーチを行います。(京堂)==京堂

「50年経った今でも、沖縄の人々は基地をホストするという過度の負担を強いられ続けている」と玉城氏はスピーチの中で、米軍を巻き込んだ事故や犯罪をいくつかの明白な例として挙げた。

「政府が、すべての住民が本当の意味で幸せに感じることができる平和で繁栄した沖縄を作るために真摯に努力することを願っています。」

岸田文雄首相は、このイベントでの発言の中で、沖縄に対する「大きな基地ホスティング負担」が続いていることを認め、「日米同盟による抑止力を維持しつつ、負担の軽減を着実に進展させる」ことを約束した。

岸田文雄氏は、一人当たりの所得が日本で最も低い沖縄の経済的脆弱性について、政府は「沖縄の可能性を最大限に引き出し」、「強力な沖縄経済」を実現するために努力すると述べた。

式典は宜野湾市の普天間飛行場空軍基地近くのコンベンションセンターで行われ、人口密集地に近接していることから、沖縄県民の長年の負担の象徴となっています。

沖縄は、第二次世界大戦で敗北して主権を回復してから20年後の1972年5月15日に日本に返還されました。 1951年のサンフランシスコ平和条約によって付与された米国の管理下にある間、何エーカーもの土地が没収され、軍事基地になりました。

沖縄は、復帰後半世紀経った今でも、日本統治に復帰して「軍事基地のない平和な島」になることを望んでいるにもかかわらず、米国の基地の大部分をホストし続けています。

セレモニーは東京でも開催され、2つの会場はビデオリンクで接続され、合計約1,300人が参加しました。 今上天皇と皇后雅子は遠隔地に現れました。

天皇は、戦時中の荒廃と直面し続けている困難について、沖縄の人々に同情を表明しました。

天皇は、「若い世代を含め、日本人の幅広い層が沖縄への理解をさらに深めてくれることを願っています」と述べ、県の豊かな未来を願っています。

南島県が米国から日本に復帰してから50周年を迎えた2022年5月15日、沖縄県宜野湾市にある米海兵隊飛行場風天間(背景)を見ている。 (kyodo)== kyodo

ジョー・バイデン大統領は沖縄の人々に個人的なメッセージを送りました。 ラーム・エマニュエル駐日大使は東京の会場で、「米国の指導者は、日本全体での友情をさらに深め、今後50年を見据えて沖縄の繁栄に貢献することを楽しみにしている」と述べた。

大使はまた、沖縄の高校生を対象とした語学奨学金プログラムを発表し、最近の沖縄の学生との会談で、「同盟は条約だけではなく、人々の友情である」と語った。

沖縄県玉城デニーは、2022年5月15日に宜野湾で米国統治から南県が日本に復帰してから50周年を記念する式典でスピーチを行います。(京堂)==京堂

沖縄の青春時代を代表する20歳の宮美へしきも式典でスピーチし、世代の決意を表明した。 「私たちは、沖縄のより良い未来を作ることができるように、私たちの先祖が築き上げてきたものを守り、築き上げていきます。」

そんな中、沖縄会場の外に約80人が集まり、式典に反対を表明した。 76歳の主催者である川前宏氏は、「過去50年間、内南中(沖縄人)としての権利を奪われてきた。今日は幸せな日ではないと言いたい」と語った。

先週の日曜日、岸田文雄は沖縄の伝統的な「かりゆし」半袖シャツを着て、首相として最初に立ち寄った近くの市庁舎の上から風天間基地を調査しました。

それから、ちょうど北にある海兵隊のキャンプフォスターへの訪問の間に、彼は、計画されたプロットが日本の支配に戻る前に、米国と共同で基地のいくつかを使い始める計画を​​明らかにしました。

朝、那覇市でも集会が開かれ、参加者は沖縄からすべての軍事基地を撤去するよう呼びかけた。

県は、1972年の58.8パーセントから増加して、面積で日本に70.3パーセントの米軍施設をホストします。二国間安全保障条約は、米国が日本の土地に基地を維持することを許可します。

第二次世界大戦中、推定20万人の命を奪った日本国内最大の地上戦の場所である沖縄は、その半数が民間人であり、米軍基地に対する反感は依然として強い。

このような感覚は、軍用機やドリルからの絶え間ない騒音によって悪化しています。 米国の軍人によるレイプや殺人に加えて、飛行機の墜落や環境汚染も不満を募らせている。

共同通信が3月から4月にかけて沖縄全域で18歳以上の住民1500人を対象に実施した調査によると、沖縄帰国後の歴史に不満を持っているのは55%、復帰を歓迎したのは94%だった。

調査はまた、58パーセントが島の米軍施設の大幅な削減を望んでいるのに対し、26パーセントは現状に問題がないことを示しました。 完全な除去を好んだのはわずか14パーセントでした。

人々は、2022年5月14日、50周年の前日、米軍の受け入れによる沖縄への負担を軽減することを求める平和行進の最中に、北中城村を沖縄県の米国嘉手納基地に向かって歩きます。日本への復帰の。 (kyodo)== kyodo

基地をホストする負担を軽減するための繰り返しの呼びかけは、中国軍のプレゼンスの拡大に直面して台湾などの潜在的な引火点に近いため、沖縄の戦略的重要性を強調してきた中央政府によって長い間見過ごされてきました。

中央政府はまた、島に米軍が駐留することが日本の安全保障において重要な役割を果たしていると主張している。 それでも、一部の住民は、ロシアのウクライナ侵攻と中国の領土的野心をめぐって地政学的緊張が高まっているため、島が戦争に巻き込まれる可能性があることを恐れています。

玉城氏は式典後、記者団に対し、「米軍基地のせいで沖縄が攻撃の標的になる状況は決して許せない」と語った。

日本政府と沖縄の人々の間の競合する欲求は、ふてんま基地の行き詰まった移転につながりました。 中央政府は、人口の少ない沖縄の沿岸地域に代替施設を建設することを決意していますが、多くの沖縄県民は、基地を島県外に移転することを要求しています。

ふてんま移転計画は、1996年の沖縄での12歳の女子高生の3人の米軍人による集団レイプに対する大衆の怒りの中で打たれた海上飛行場に使用された土地の返還に関する1996年の日米協定にまでさかのぼる。

島は過去50年間、ある程度の経済成長を遂げてきましたが、それでも日本の他の地域に経済的に遅れをとっています。 多くの人が、沖縄が何年にもわたって米国の支配下に置かれていることを部分的に非難しているが、国の残りの部分は「経済奇跡」期間中に戦後の高い成長を何十年も享受していた。

沖縄は、都道府県の一部で観光業以外の強力な産業が不足しており、住民間の所得格差が大きいため、47都道府県の中で1人当たりの平均所得が引き続き最低にランクされています。

島ではシングルマザーと子どもの貧困も一般的であり、国のほとんどの地域よりも失業率が高くなっています。

多くの住民が米国の基地で働いているが、沖縄は経済的に基地に依存しているという見方を否定し、基地関連の仕事は住民の総収入の5%しか生み出さず、当時の約15%から改善した。復帰。

知事は、現在米軍基地専用地であるが県内返還が予定されている土地を利用して、県内の現在の米軍基地関連収入の3倍以上の9000億円(69億ドル)の経済的影響を生み出すことができると述べた。 80,000人の仕事と同様に、基地の日本人労働者の約9倍の数です。

式典の後、玉城は岸田文雄に最近まとめられた今後10年間の経済開発計画を渡し、中央政府の協力を求めた。

首相は、「沖縄経済が自給自足できるよう、国の戦略の一つとして積極的に推進していく」と述べた。

沖縄に関連する主なイベントの年表

1941年12月-日本がハワイの真珠湾を攻撃し、米国が日本と戦争を始める。

[1945年3月26日-米軍が沖縄本島近くの慶良間諸島に上陸し、沖縄戦が始まる。

6月23日-日本軍は沖縄での組織的な戦闘を停止します。

8月15日-日本は連合軍に降伏します。

9月 2-日本は降伏書類に署名します。

1952年4月28日-サンフランシスコ平和条約が発効し、日本は主権を取り戻しましたが、沖縄や他の離島は米国の支配下にあります。 日米安保条約が発効。

1953年12月-沖縄近郊の奄美群島が日本統治に復帰。

1956年-米軍による土地収用をめぐって地元の抗議行動が勃発。

1959年6月30日-米国の戦闘機が現在沖縄県うるま市の小学校に墜落し、多数の死者または負傷者が出た。

1968年6月-小笠原諸島が日本統治に復帰。

11月19日-嘉手納基地で米国のB-52爆撃機が墜落。

1969年11月-日本、米国の指導者は1972年に沖縄返還を発表しました。

1970年12月20日-地元の男性が米国の軍人の車に襲われた後、嘉手納基地の外にあった当時のコザで暴動が発生した。

1972年5月15日-日本は沖縄の支配を取り戻す。

1995年9月-地元の女子高生が米国の軍人に誘拐されレイプされ、沖縄の人々の間で激しい抗議を引き起こした。

1996年4月-日本、米国は、普天間飛行場飛行場を日本の支配下に戻すことに合意した。

2004年8月13日-米国の大型輸送ヘリコプターが、普天間飛行場のすぐ外にある沖縄国際大学に墜落した。

2018年12月-日本は沖縄沖の海域の再生を開始し、風天間飛行場の代替施設を建設しました。

2022年5月15日-沖縄は復帰から50年を迎えます。

写真は、1972年5月15日に米国が日本の主権に復帰した沖縄県那覇市のメインストリートを示しています。 (共同通信)

。沖縄は基地が荒れ狂うとして米国の支配からの復帰から50年をマークします
Source#沖縄は基地が荒れ狂うとして米国の支配からの復帰から50年をマークします

Leave a Comment