沖合地震が台湾を揺るがす; 津波の危険はありません

台湾、台北発-台湾の東海岸で月曜日に強い地震が発生し、首都台北の建物が揺れました。 深刻な被害や負傷は報告されておらず、当局は津波の危険性はないと述べた。

台湾の中央気象局によると、マグニチュード6.1の地震は、花蓮市から深さ27 km(17マイル)、沖合約90 km(56マイル)に集中していました。 最も強い揺れは台北を含む台湾北東部でした。

地震の場所は、日本列島の西端にある与那国島の南西約70 km(44マイル)でした。 日本の気象庁によると、地震のマグニチュードは6.6であり、米国地質調査所によると、マグニチュードは6.3でした。

予備的な測定値はしばしば異なり、さらなる分析の後に修正される可能性があります。

気象庁は、海の水が少し膨らんでいる可能性があると述べたが、津波の危険はなかった。

中国のメディアは、地震は中国本土の一部でも感じられたと述べた。 自治台湾は、中国沿岸の東約160 km(100マイル)にあります。

。沖合地震が台湾を揺るがす; 津波の危険はありません
Source#沖合地震が台湾を揺るがす #津波の危険はありません

Leave a Comment