沈没した米軍艦に顧客がポーズをとった後、日本のダイビングショップは申し訳ありません

沖縄本島南部のダイビングショップは、第二次世界大戦中の米軍艦の難破船でポーズをとっている顧客を写したオンライン写真が、元乗組員の家族や友人で構成される組織のメンバーから抗議を引き起こしたことを謝罪しました。それは土曜日に知られるようになりました。

沖縄沖に潜った客は、戦時中の日本の神風特攻隊に沈んだ駆逐艦、エモンズの残骸にポーズをとっているのが見られました。 この動きは、沖縄に住むグループのメンバーからの不機嫌で刺激的な不承認と見なされていました。

その後、画像は削除されましたが、ショップは同様の事件を防ぐことを約束しました。

写真は、船の大砲に並んで座っている若い女性を含む3人が腕を広げるなどの印象的なポーズをとっており、6月下旬にショップのソーシャルメディアのウェブサイトにアップロードされました。 …読み続けて


ポリシーページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

沈没した米軍艦に顧客がポーズをとった後、日本のダイビングショップは申し訳ありません
Source#沈没した米軍艦に顧客がポーズをとった後日本のダイビングショップは申し訳ありません

Leave a Comment