沈没した北海道遊覧船が曳航しながら海底に戻る

海上保安庁は、海上保安庁によると、一ヶ月前に北海道で沈没し、14人が死亡、12人が行方不明になった観光船が、救助会社が曳航しようとしたため、深さ約180メートルの海底に戻った。事故の原因を調査するためにそれを港に持ち込む努力に後退した。

同社は、19トンのカズIを浅瀬に曳航し、はしけに積み込み、数日間海水を排水してから、近くの網走港に輸送する予定でした。

共同通信のヘリコプターから2022年5月24日に撮影された写真は、北海道の町、シャリ沖のはしけカイシン(下)を示しています。 約1ヶ月前に北海道から沈没した観光船が、救助会社に曳航されてはしけに積み込まれ、同日、海の奥深くに落下した。 (共同通信)==共同通信

日本サルヴェージは前日約120メートルの深さから引き上げた後、約20メートルの深さでゆっくりと曳航していたが、火曜日の朝、沿岸警備隊から船が落下したとの連絡を受けた。

沿岸警備隊は、船が観光旅行に向けて出発したシャリのウトロ港から西に約11キロ離れた海底にボートが乗っていることを確認しました。 船は無傷のように見える、とそれは言った、そして流れがサイトの近くで比較的速かったと付け加えた。

月曜日に遊覧船を海面近くまで引き上げた沿岸警備隊と会社は、船を再び海底から引き上げる準備をしている。 ボートは荒れた海で行方不明になった6日後の4月29日に発見されました。

網走港では、沿岸警備隊が事故の原因を本格的に調査し、未だに解明されていない12人の運命についての手がかりを見つけるつもりです。

一方、運輸省は、海運法の下でこれまでに課された最も重い行政処分となる17の安全規則の違反を確認した後、来月ボート運転免許を取り消すつもりであると述べた。

同省によると、違反には、運営責任者を兼務する事業者の社長が、ツアー中は事務所に留まる義務を果たさず、機長が悪天候の予報にもかかわらず外出をキャンセルしなかったことが含まれる。

同省によると、船との主要な通信手段として指定されていた携帯電話が、ほとんどの航路で船の信号範囲外にあったため、オペレーターの通信システムも不十分でした。

斉藤鉄夫運輸相は記者会見で、「安全管理体制の改善感はなく、そのまま運転を続ければ重大事故が再発する可能性が高い」と述べた。

同省は、罰を科す前に、6月14日にシャリを拠点とするボートオペレーターとのヒアリングを行う予定であると述べた。

沿岸警備隊は、深海のダイバーが先週ボート内で2日間の捜索を終了した後、行方不明者の痕跡を発見せず、巡視船と航空機を使用して行方不明者の捜索を続けています。

日本政府はまた、日本との領土問題の中心にある北海道沖のロシアが支配する4つの島の1つである国西に流された2つの遺体が発見された後、ロシア当局と情報交換を行っています。

沿岸警備隊の捜査官は、この悲劇は、葛田誠一社長と沈没船の船長である豊田典之氏の行方不明者の重大な過失が原因であると疑っている。

共同通信のヘリコプターから2022年5月24日に撮影された写真は、北海道の町、シャリ沖のはしけカイシンを示しています。 (共同通信)==共同通信

知床ユランセンのホームページの写真は、観光船の和一(共同通信)

沿岸警備隊は、深海のダイバーが先週ボート内で2日間の捜索を終了した後、行方不明者の痕跡を発見せず、巡視船と航空機を使用して行方不明者の捜索を続けています。

日本政府はまた、日本との領土問題の中心にある北海道沖のロシアが支配する4つの島の1つである国西に流された2つの遺体が発見された後、ロシア当局と情報交換を行っています。

沿岸警備隊の捜査官は、この悲劇は、葛田誠一社長と沈没船の船長である豊田典之氏の行方不明者の重大な過失が原因であると疑っている。


関連する報道:

沈没した遊覧船が1ヶ月後に北海道沖に浮かび上がる

係争中の島で発見された沈没船の人の遺体

北海道沈没船の運航者免許取消を検討していない


。沈没した北海道遊覧船が曳航しながら海底に戻る
Source#沈没した北海道遊覧船が曳航しながら海底に戻る

Leave a Comment