気球に乗ったハムスターが成層圏から無事に戻ってきて、有人飛行が目に入った

ハムスターを乗せた空飛ぶ気球が高度23キロの成層圏に打ち上げられ、無事に帰還したと、サッポロを拠点とする宇宙ベンチャーは最近、気球を使った「宇宙旅行」の実現を目指していると語った。

KK岩屋技研による哺乳類の最初の試験飛行の成功は、同社が1年以内に実施することを目指している有人飛行実験に勢いを与えたようです。

ハムスターは6月9日、沖縄県宮古島市で同社が開発した気球で持ち上げたキャビンに乗っていた。

ハムスターは、日本の南西部の宮古島の上空で約12キロ上空のキャビンの窓の外を見ています。 (写真提供:KK岩屋知念)

気球は平均速度6.3メートル/秒で高度を上げ、約1時間で23km上昇し、宮古島沖に着陸して回収されました。

同社は、試験飛行中にセンサーを監視することにより、高さ60センチ、直径50センチの円筒形の強化プラスチックキャビンが、地上とほぼ同じ酸素、温度、圧力の内部レベルを維持していることを確認しました。

ハムスターは健康だという。

岩屋技研は、地球のカーブをはっきりと見ることで「宇宙を感じる」ことができる高度25kmの有人試験飛行を計画しています。

「人々が安全に乗り込んで帰れるように、私たちは実験を続けていきます」とスポークスマンは言いました。

北海道新聞社


関連する報道:

北海道市は台湾の観客に冬のアトラクションを宣伝しています

北海道水族館で来場者を魅了するゴマフアザラシ

北京オリンピックでの日本のカーリングチームの成功は、故郷の収入を押し上げる


。気球に乗ったハムスターが成層圏から無事に戻ってきて、有人飛行が目に入った
Source#気球に乗ったハムスターが成層圏から無事に戻ってきて有人飛行が目に入った

Leave a Comment