殺されたCOVID-19親戚が日本の家の回復政策に質問

東京-沖縄本島に小さなレストランを経営していた竹内義彦は、数人の友人にコロナウイルスに感染していると語った。 彼が公衆衛生労働者からの電話に3日間応答しなかったとき、警察は彼の家に行き、彼が彼のベッドで死んでいるのを発見した。

彼は、「ジタクリョウヨ」、または一部のCOVID-19患者が「自宅で回復する」という方針に服している間に亡くなった何百人もの人々の一人でした。

多くの国で、ウイルスを持っている人は隔離して回復するために家にいますが、批評家は、最も手頃でアクセスしやすい医療システムの1つである日本では、人々は病院でのケアを拒否されており、ポリシーは「jitakuhochi」に相当すると言いますまたは「ホームレス」。

COVID-19で自宅で亡くなった竹内さんの姉と娘が、被害者の悲しみに暮れる家族のためのオンライン支援グループを立ち上げました。

日本では過去2か月で症例数が劇的に減少し、政府はパンデミックへの対応を改善するためのロードマップを作成しました。 11月12日に採択された計画では、11月末までに全国で28,000人から最大37,000人の患者の病床を確保することを目指しています。

政府のデータによると、これは8月末に入院を必要とした231,000人以上のコロナウイルス患者と比較されます。 多くは家で回復しなければなりませんでした。

岸田文雄首相はまた、医療従事者が自宅で軽度の症状を示すCOVID-19患者を定期的に訪問することを約束した。

世界で一人当たりの病床数が最も多い国での不適切な治療に対する国民の怒りは、そのような変化を推進する要因です。 岸田文雄の前任者である菅義偉氏は、パンデミックに対する政府の対応に対する広範な不満を主な理由として、就任後わずか1年で辞任した。

日本のような順応性のある社会では、話すことには勇気が必要であり、集団訴訟はめったにありません。 しかし、竹内の妹である高田香織とそのグループの他のメンバーは、彼らの愛する人が彼らにふさわしい医療を拒否されたと信じています。

「声を上げなければならなかった」と彼は言った。

彼女は自分が何をするのかわからない。 数千人がグループのTwitterアカウントをフォローしており、他の人も同様のつらい話を投稿しています。

大阪に住み、自宅で小さな保育園を経営している高田は、竹内の唯一の親戚でした。 彼らは彼が診断される直前に電話で話しました、しかし彼は彼が家で一人で病気であると彼女に言いませんでした。 COVID-19についての日本での恐怖症が広まっていることを考えると、私はその言葉を広めたくありませんでした。

高田は親切でとても愛されている人だと言った。

高田香織は、2021年11月16日、大阪南部の松原にある自宅で写真を撮ります。

「私たちは一緒になって、癒しを試み、人々がいかに残酷に扱われたかを共有し、おそらくお互いがその最初の一歩を踏み出すのを助けている」と彼は電話インタビューで述べた。

COVID-19患者のケアを組織する責任がある日本の地方の保健所は、彼らを受け入れる病院を見つけるのに苦労しました。 場合によっては、救急車はある病院から別の病院に移されました。

いくつかの仮設施設は酸素補給と治療を提供しましたが、大規模な野戦病院を設立するという呼びかけは無視されました。

たとえばニューヨークでは、病院はすぐに改築し、ウイルス患者のために何千ものベッドとICUを追加しました。 海軍の医療船やその他の施設は仮設病院になりました。 2020年4月の発生のピーク時には、市内全体で1日あたり1,600を超える新しい入院がありました。

今年の8月、デルタバリアントの蔓延により日本の感染が急増したとき、日本の病院システムは、米国、ヨーロッパ、その他のアジア諸国よりもCOVID-19の症例数がはるかに少ないにもかかわらず、すぐに「拡大」と宣言されました。国。 および南米諸国。 保健省の記録によると、9月上旬の時点で134,000人以上が自宅でウイルスに感染していた。

人口1億2600万人のうち、約18,000人の日本人がCOVID-19関連の原因で死亡しています。 死者を追跡している警察庁によると、2020年3月以来951人が自宅で死亡し、そのうち250人が2021年8月だけで死亡したとのことですが、自宅で何人が死亡したかは正確にはわかりません。

コロナウイルスの上級政府顧問であり、地域医療機能推進機構(JCHO)の長である尾身茂は、特に「ジタクリョウヨ」による死亡を防ぐために、緊急野戦病院を設立するよう政府に要請した。

日本の医療制度は小さな民間の診療所や病院によって支配されており、感染症を処理するための設備が整っている入院施設はほとんどありません。 多くの病床は精神病患者、慢性疾患、高齢者で占められており、医師、集中治療専門医、看護師は比較的少ない。

家族から提供されたこの写真は、2015年に沖縄諸島の那覇にあるレストランを訪れた友人の北谷加代子と写真を撮っている竹内義彦さん(右)です。 家族から提供されたこの写真は、2015年に沖縄諸島の那覇にあるレストランを訪れた友人の北谷加代子と写真を撮っている竹内義彦さん(右)です。

いくつかの場所では、地方自治体は、そのような病院が、より大きな病院で治療された後、もはや感染性ではなく、重篤な病気からリハビリしている患者を受け入れるように手配しました。 しかし、全体として、症例数は集中治療に利用できるベッドをはるかに上回っていました。

JCHOは、日本で最大の57の病院を運営しています。 すべてが納税者のお金によって多額の助成を受けています。 保健省は、COVID-19患者にベッド1台あたり最大100,000円(900ドル)を提供したと述べた。

JCHOは10月に、ウイルス患者のために全国で972床を準備したと述べた。これは、8月に一時的に約1,800人の患者のためのスペースを確保したが、14,000床以上の7%未満である。

JCHOは、岸田文雄がさらに数千台のベッドを提供するよう呼びかけたことについてコメントを控えた。

名古屋大学集中治療医の山本隆典博士は、ICUの病床が少ない小さな病院ではなく、指定された施設の重病患者に焦点を当てた病院ケアを再構築すべきだと考えています。

資源を必要としない人々の広範囲にわたる入院を含めて、資源は誤って管理されたと彼は言った。 公衆衛生局は研究用に設計されており、COVID-19ケアを提供するための「門番」には適していない、と彼は付け加えた。

問題は数十年前のシステムに深く根ざしており、山本氏は、日本がこのパンデミックを克服できたとしても、次のパンデミックに備えることができないのではないかと心配している。

「このような患者を拒否した国は他にありません。もっと多くの症例があった国でも。医師が患者を治療しないという考えは問題外です。あなたが医師であるなら、あなたは病気の世話をしなければなりません」と山本言った。 。

「日本は何もしなかった。リーダーシップはなかった」と彼は言った。

独立したシンクタンクである東京財団政策研究所の研究責任者である渋谷健二博士は、次のコロナウイルス感染の波が襲う前に、行動を起こす時が来たと述べた。

英国で働いた経験のある渋谷は、「彼らは、彼が来ることを知っていたにもかかわらず、以前は行動しなかった」と語った。 「それは、危機の時代に変化を起こすというコミットメントの欠如、意志の欠如、情熱の欠如についてです」と彼は言いました。

8月、高田グループの共同創設者である西里優子は、73歳の父親を入院させるよう病院に訴えた。 しかし、彼は、発熱薬以外の治療を受けずに、COVID-19の検査で陽性となった後に死亡しました。

電話の記録によると、彼は死ぬ直前に地元の保健所に繰り返し電話をかけた。 彼が得たのは録音だけだったと知ると、彼は心を痛めます。

「孫に会うために生きてほしかった。もっと大人の自分に会ってほしかった」と西里は語った。 「同じように苦しんでいる人はとても多く、その理由はわかりません。」

。殺されたCOVID-19親戚が日本の家の回復政策に質問

Source#殺されたCOVID19親戚が日本の家の回復政策に質問

Leave a Comment