死刑囚は日本で予告なしの処刑に法的に異議を申し立てる

日本の死刑囚 2 人が、死刑執行の 2 時間前までに通知するという国の方針に異議を唱えた。

日本政府は、死刑囚に絞首刑の 1 ~ 2 時間前に通知する、と政策当局は犠牲者の「精神的安定」を保護すると述べている。

大阪地裁に匿名の死刑囚2人が起こしたこの事件には、悲惨な証言が含まれている。

「刑務官が受刑者の部屋のドアを開けて処刑を発表すると、受刑者は直ちに逮捕され、処刑場所に連れて行かれる」と、弁護士に宛てた手紙として死刑囚の坂口博司氏を挙げている。 「囚人は縛られ、手錠をかけられ、同じ服を着て処刑台に運ばれ、そこでロープで吊るされます。 …私たち、有罪判決を受けた者は、処刑に反対することは許されていません。」

他の証言は、1955 年に録音された音声テープの形をとっており、通知期間がより長い時間に匿名の囚人の最後の時間を示しています。 テープの中で、男は次の処刑の 3 日前に通知され、囚人たちと泣きじゃくる妹に別れを告げるのに時間を費やしている。 テープには、仏教の僧侶が経典を唱えている間に男性が絞首刑にされる音が含まれています。

日本は現在、通知期間を 1 時間か 2 時間に短縮しており、受刑者が刑務所の外にいる誰かに連絡したり、自分の死について考えたりするのに十分な時間を与えていません。 …読み続けます


会社ページ: 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7

死刑囚は日本で予告なしの処刑に法的に異議を申し立てる

Source#死刑囚は日本で予告なしの処刑に法的に異議を申し立てる

Leave a Comment