横綱照ノ富士春雄が6回目のタイトルを祝う完璧な初記録を確保

横綱照ノ富士は日曜日にグランド九州相撲大会をスタイリッシュに締めくくり、すでに確保された6回目の天皇杯のケーキのアイシングで彼の最初の完璧な15-0の記録を打ち立てました。

照ノ富士は大関貴景勝光信(12-3)と対戦したが、45回の優勝を記録した白鵬翔が引退した後、福岡国際センターでの試合で唯一の横綱としての義務を果たしたため、最も重要な勝利を収めた。

照ノ富士春雄は、9月に横綱で初戦を勝ち取った後、1962年に32度のチャンピオンとなった太陽以来、グランドチャンピオンとして最初の2回のトーナメントで優勝した最初のファイターです。

横綱照ノ富士は、2021年11月28日に福岡県福岡国際センターで開催された大九州相撲大会で優勝した後、皇帝杯を受賞しました。 (共同通信)

昨年の福岡での会議がCOVIDの最中に東京に移った後、照信氏は「久しぶりの九州の会議だったので、組織化されたことに感謝した。あなたのサポートは私が自信を持って土俵に行くのを助けた」と語った。 -19パンデミック。

「完璧な記録を樹立することは、これまで達成したことのないことだったので、達成できてとてもうれしいです。」

照ノ富士は、距離を保ちながら横綱を端に押し出し、右手で強いセーブをしてタイトル勝者のバランスを崩した貴景勝光信との戦いのほとんどで受信側にいました。

大関は照ノ富士の喉を押す圧力をかけ続けたが、横綱は攻撃に抵抗し、照ノ富士が反撃して押し始めた後、貴景勝に後戻りすることはなかった。

「私は多くのことをすることができるような才能のある戦闘機ではありません」と照ノ富士は言いました。 「私は常に自分の偉大な体を敵に直接置くことによって攻撃と防御をするつもりです。私は常にそれを私の最高の理想として訓練してきました、そして私は徐々に入ってくるように感じます。」

「引退するまで100%にはならないが、できるだけ近くで戦いたい」と語った。

照ノ富士は、膝の怪我や病気のために大関として苦戦し、2019年3月に第5層の城二段部門と同じくらい低くなりました。

それ以来、彼は前例のない復活を遂げ、昨年7月に帰国してエリート幕内部門を獲得しました。 その後、彼は今年の6つのトーナメントのうち4つで優勝しました。

月曜日に30歳になる照ノ富士春雄は、「こんな風になるとは想像もしていなかったし、今日まで頑張ってよかった」と語った。 「私の目標は、来年のキャリアタイトルで2桁に達することです。」

No.15前頭アビ(12-3)は土曜日までタイトルレースに出場し、エリート幕内部門に復帰して3度目のファイティングスピリット賞を受賞した。

しかし、それはうまく終わりませんでした。 元関脇の隆の勝伸明(11-4)がオープニングチャージで彼を支配し、退場させた。 この勝利により、隆の勝伸明は彼のキャリアの2番目のファイティングスピリット賞を受賞することができました。

元コムスビのアビは、7月に日本相撲協会のCOVID-19プロトコルに違反した後、昨年3試合の出場停止処分を受けたが、トップ部門に戻った彼の印象的な勝利の記録は、彼がランキングで大幅に上昇するのを見ることができた1月の次のトーナメントの。

関脇御嶽海(11-4)は、最後から2番目の試合で説得力のある勝利を収め、オーバーハンドグリップをつかんで尾関商大(9-6)を強制しました。

庄台は1月に11勝を挙げ、今年は10勝以上の彼の唯一の大会でした。 彼は3月に記録を失い、それ以来、わずかに記録を勝ち取りました。

関脇明星(7-8)は、巨大な逸ノ城駿(5-10)による早すぎるプルダウンの試みを利用して、コムスビを素早く押し出しました。

新コムスビ霧馬山(6-9)は、横綱以下の3つの「三役」ランクから、記録を失ったために出場しますが、ベテランの6番玉鷲(9-6)を送り出すのに十分な力を示しました。

No. 7浦(10-5)は、15日間の出会いの中で彼の試合が多くのハイライトを提供した後、テクニック賞を獲得しました。 彼が3つの特別な「sansho」賞の1つを獲得したのは初めてでした。

詐欺師は最終日にもう一度観客を興奮させようとしたが、それを引き離すことができず、腕を組んで倒される前に15番千代丸(8-7)の足を拾うことができなかった。 。

No.12北勝富士(11-4)は、No.7千代翔馬(8-7)と対戦し、勝利を収めて強い出会いを終えました。


関連する報道:

相撲:照ノ富士はアビを破ってタイトルを締めくくりました。

相撲:照ノ富士は完璧なままで、アビは13日目に貴景勝光信を気絶させます

相撲:照ノ富士春雄が明星を破り、12日目は唯一のリーダーであり続ける


。横綱照ノ富士春雄が6回目のタイトルを祝う完璧な初記録を確保

Source#横綱照ノ富士春雄が6回目のタイトルを祝う完璧な初記録を確保

Leave a Comment